沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。僕は発達障害・自閉症・アスペルガー症候群の味方だよ。

20代で隠居だと?

f:id:catpower:20210514061805j:plain

 

若いって素晴らしいな。(ΦωΦ)フフフ・・・。

このハジケている感じが楽しいね。


www.youtube.com

20代で隠居 週休5日の快適生活

 

「20代で隠居 週休5日の快適生活」という本を読んでみました。


大原扁理クンが著者で、2015年4月発刊の本ですから

約6年前の本ですね。

 

「20代で隠居」というタイトルに興味を惹かれて

読んでみたのですが、「隠居してないじゃん」

というのが、僕の第一印象です。

 

「20代で隠居」というタイトルに釣られましたよ。

売上げにむすびつく素晴らしいタイトルですね。

ある意味詐欺に近いです。

 

結論から言うと「雰囲気本」です。


あくまでも雰囲気を楽しむ本です。

事実はどうでもいい本です。

 

www.gentetsu.com


----------------------------------------------------

 

大原クンは、現実的には週2日は障害者支援施設で働いていて、

月収8万円があるそうです。

年間にすると約100万円。

 

以前記事にした、ニートのPhaクンも

同じような年間金額で生活していると書いていたので、

日本で家を借りて生活すると、約100万円は必要なのですね。

 

catpower.hatenablog.com

----------------------------------------------------

仲間は必要ないの?

 

からしたら、大原クンの生活は

暇すぎる生活で退屈そうだけど、


まあ、最低限の生きるお金は自分で稼いでるんですから

何も問題ないですね。

好きに生きてください。

 

ある意味、極力なにもしないという選択は

凄いですね。

 

 ----------------------------------------------------

 

彼の考え方には、一般常識に染まった人間からは

出てこない表現があるので、本を読んで救われる人も

いるでしょう。

 

追い詰められた人や、考え過ぎて

動きが取れなくなった人にとっては、

いい意味でガス抜きになる内容が多いと思いました。

 

おお、人の役に立っているYO!!

僕の役には立ちませんでしたが・・・。


----------------------------------------------------


まあ、しかし勇気のいる生活方式だと思います。

僕からすると、綱渡りのような生活に思えます。

 

だって、まともに労働もせず、

ニートのPhaクン」のように仲間づくりもせず、

「山奥ニート」の連中のようにゆるい共同生活もせず、

 

他人とは一線を引く、引き気味の生活は

綱渡りでしょう。


この生活方式は、僕には理解できませんでした。

 

----------------------------------------------------

 

特に他人とは一線を引く、引き気味の生活は

「隠居」とは言わないでしょう。

本当に本のタイトルに騙された感じです。

 

徹底した孤立主義は、ある意味興味深いですが、

他人が真似することはできないレベルです。

っていうか、真似してはいけないレベル。

 

自由に楽しく自分らしく生きるのは素晴らしいですが、

仲間を作らない点には共感できませんね。

 

www.gentetsu.com


----------------------------------------------------

もはや隠居人ではなく有名人だよね

 

で、ここまで書いて気付いたのですが

大原クン、この後、かなりの数の本を書いているんですね。


もはや「隠居生活」ではなく「印税生活」で

ご機嫌ジェニージェニー状態ですね。

 

あやうく騙されるところでした。

 

うまくプロ作家たちの隙間に入り込んで

うまい汁を吸っているのは素晴らしい。

大原クン。生きる才能あるやんか。

「隠居」してないじゃん。^^;

 

----------------------------------------------------

 

隙間産業は大金持ちにはなれないけれど

そこそこの生活はできるレベルのお金は確保できますから、

良い戦略だと思います。

 

多分、最低でも1億は稼いでいると思うな。

 

大原クン、「印税生活」で生活できるようになって

良かったですね。ご機嫌ジェニージェニー!!

 

精神的にはかなり強いタイプだと感じるので、

そのまま自由に生きてください。

 

自由の代償に、家族も持てず、子供も育てられず

多くの幸せを体験する事もなく、

仲間も少ない人生になりますが・・・。

 

本人が幸せならばそれが何よりです。

 

----------------------------------------------------
----------------------------------------------------

 

追記

 

本当にタイトルに騙されて読んでしまいました。

著者の人生経験値が低すぎて、楽しめなかったです。


この手の本は何冊読んでも時間の無駄ですわ。

もうこの手の貧乏くさい内容の本は読まないようにします。

 

ニートのphaクンの行動・思考や

山奥ニートの連中の行動・思考は理解できるけど、

大原クンの行動・思考は理解できなかった。

 

こんなこともあるでしょう。

人間、誰とでも仲良くなれないし、なる必要もない。

僕と大原クンには接点がなかったです。

 

続編の「台湾で隠居」は読まないよ。


もう騙されません。ハハハーー。(*´ω`*)

 

----------------------------------------------------
----------------------------------------------------

 

おまけ

 

壇蜜とパンツとマスク

 

壇蜜がパンツでマスクを作ったというデマが流れた。

そのデマを頭の中で想像してしまった僕は変態か?

 

いや、男としては正常だろうと言い張ってみる。

言い訳はしない。絶対に。

 

それに僕はもはや還暦を過ぎている。

男子高校生のように妄想の虜にはならない。

 

別に男子高校生を羨ましいとは思わないが

若いっていいなとちょっぴり思う。

 

-------------------------------------------------------

 

それで、今まで興味のなかった壇蜜に興味を覚えた。

 

壇蜜と言えば、大きいおっぱいを売り物に

グラビアで露出して性を売り物にする

どこにでもいるバカ女だと思っていた。

 

僕はこの手の女は嫌いである。

 

実際大きいおっぱいを売り物に、

グラビアで露出して性を売り物にする

バカ女は沢山いる。

 

意識高い系の女が#me tooとか言っているけど

自ら性を売り物にしている女は腐るほどいる。

そして多くは腐って消える。

 

-------------------------------------------------------

 

しかし壇蜜は、自筆の本を何冊も出しているのですね。

基本的に文章をかける人間は、頭いいのですよ。

 

1冊読んでみました。

 

で、タダのエロいお姉さんかと思っていたのですが、

独特の視点・文体を持っていたので驚きました。

 

「結婚してみることにした。 壇蜜ダイアリー2」

を読んでみたのですが、ゆるく、しかしながら

シニカルな日記風エッセイで楽しめました。

 

やっぱりバカは消えていき、頭のいい人間は

生き残るのですね。

 

www.gentetsu.com

-------------------------------------------------------

 

基本的にこの手の本は主食ではないのですが、

頭を休めたいときなどには最適の本かなと

思いましたね。

 

僕は「能ある鷹は爪を隠す」タイプの人は好きなので、

壇蜜の事をちょっぴり好きになりました。ちょっぴりね。


でも、文体のパターンはわかったから

もう読まないだろうな。

所詮はエッセイ。おやつ的存在。

 

いや、もう一冊ぐらいは読んでから判断しよう。

ちょっと惹かれる。ちょっとね。

 

-------------------------------------------------------

 

それとさ、単なるおっぱいの大きいエロいお姉さんから、

本を出版する文化人的お姉さんになった変換点は

何だったのか知りたいな。

 

いわゆる人生の変換点じゃないですか。

とても気になるな。

 

多分、人との出会いがあって、

文才が開花したと思うんだけど、

やっぱり出会いは大切だね。

 

-------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------

 

I'm a shooting star leaping through the sky

Like a tiger defying the laws of gravity


I'm a racing car passing by like Lady Godiva

 

I'm gonna go go go

There's no stopping me

 

-------------------------------------------------------

 -------------------------------------------------------