沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

小学生にプログラミング教育をしてわかった事

f:id:catpower:20190323113644j:plain

 
catpower.hatenablog.com

 

教える者は教えられる者


さて、以前記事に書いたとおり、夏休みに

一族の小学生にプログラミング教育を行いました。

 

そこでまず思ったことは、

「教える者は教えられる者」

であるという事です。

 

言っている意味はわかりますか?

 

-------------------------------------------------------------

 

要するに、「教える者」は「教える」と同時に

多くの事を「教わっている」という事です。

 

そこには「上下関係」ではなく、

お互いに「敬意」が存在します。

 

教師と生徒の間には「敬意」がないと、

学びにはならないでしょう。

 

お互いに「敬意」を持ちながら、

学べる事は幸せな事です。

 

もしそうでないなら、学ぶ意味は無いでしょう。

 

-------------------------------------------------------------

 

助け合う

 

さて、プログラミング学習の実践は、

基本的な事は僕が教え、理解できなかった部分は、

自分たちで助け合い、学びあう方式を取りました。

 

わかりますか。

 

これからの日本人は助け合っていかないと

生きていけません。

それだけ厳しい環境になります。


-------------------------------------------------------------

 

「助けて欲しい」と言葉にするのも

大事な表現です。

 

遠慮する事はないのです。


「助けて欲しい」時は「助けて欲しい」と

言えばいいのです。

 

助け合うこと。

それが生きていく上で重要なポイントです。

 

「助けて欲しい」と素直に言える人間は

生き延びるでしょう。

そして他の人間を助ける立場になるでしょう。

 

-------------------------------------------------------------

 

もっとも、僕が教える子どもたちは

将来的には日本を巣立って世界に散らばるから、

日本が沈んでも大丈夫なんですけど、

 

それでも海外生活が楽なわけではないですから、

やっぱり助け合いは必要です。

 

もう一度いいますが、異文化に飛び込む

海外生活は楽ではありませんが、

 

日本で思考停止して消極的に生きるより

100倍充実感はありますよ。

 

-------------------------------------------------------------


で、僕は基本的に詰め込み教育方式です。

 

最初に詰め込んでおいて、引き出しを作り、

後々その引き出しから情報を取り出し応用

してもらう方式です。

 

詰め込みという表現が気になるならば

積み上げ方式でもいいかな?

 

例えれば家をたてるのと一緒です。

家は基礎が大事でしょう?


だから基礎をみっちり勉強します。

 

-------------------------------------------------------------

f:id:catpower:20190720174245j:plain

 

いかに学ぶかを学ぶ


そして、あくまでも自分で応用してもらいます。

それでも「???で疑問がある場合」は

相談にのります。

 

大事なのは答えをだすことではなく

???をだすことなのです。


???を出せる子は自然に伸びていきます。

 

知識の内容は目的ではなく手段であり、

いかに学ぶかを学ぶことが重要なんです。

 

大事な点なのでもう一度言います。

いかに学ぶかを学ぶことが重要なんです。

 

いかに学ぶかを学ぶことが重要なんです。

 

-------------------------------------------------------------

 

さらに僕は「記憶力」より「とっさの判断力」を

優先して教えます。

 

「記憶力」はどうにでもなります。

 

人間はインプットする時ではなく思い出す時に

記憶が定着しますから、繰り返し学ぶことで

「記憶力」は会得できます。

 

が、「とっさの判断力」は、意図的に注意深く

養わないと得られません。

 

「とっさの判断力」は生きていく上でとても重要です。

この辺を学校の先生は理解していません。


-------------------------------------------------------------

 

今の学校教育は賞味期限切れ


だから日本の教育は、型にはめ込んだ人間しか

作り出せないのです。

 

要するにおんなじ人間の大量生産が得意なのが

日本の教育ですね。

 

もはや大量生産方式も賞味期限切れで

まともな教育は行われていません。

 

日本の教育システムは崩壊しています。

教育者はその事実を隠蔽しています。

 

-------------------------------------------------------------

 

何度でも言いますが、子供は天才で、

その天才性を殺しているのは

大量生産方式の学校・教師です。

 

そのせいで、日本は世界から遅れています。

プログラミング教育もスタートが20年遅い。


独創的なIT企業が生まれる下地は日本には無いです。

ですから世界に出ましょう。

 

-------------------------------------------------------------

 

日本の学力は「ゆとり教育」でガックリ落ちたから、

僕は「反ゆとり教育」。

 

で、基礎学習をみっちりと教えました。

 

全員に関数電卓を配って、勉強開始!!

この関数電卓大受けし、いいスタートになりました。


子供の反応は凄いな。

やっぱり子供は天才だ。

 

関数電卓面白いです。

ぜひ皆さんもお手元に1台置いて下さい。

f:id:catpower:20190621073321j:plain

カシオ 関数電卓 数学自然表示 394関数 10桁 fx-375ES-N ブラック

 

-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------

 

追記

 

子供たちの教育を通して

思うことがいくつかありました。

 

子供たちは天才です。

「敬意」を持って接する事が大事です。

 

子供に「敬意」を持って接する事のできない大人は不要です。

ゆえに、多くの教師は、もはや不要の長物です。

 

-------------------------------------------------------------


まず一人の教師が真剣に対応できるのは

20人が限度だと思います。

それ以上は教師の負荷が高すぎます。

 

一人ひとりの顔を見ながら、

その反応を確認しながら話せる範囲は

20人が限度でしょう。

 

日本の教育が崩壊したのは

教師の能力を超えた事を

教師に要求したからでしょう。

 

その意味では教師も被害者です。

最近の教師はストレス満載で、

おかしな行動を取りますよね。

 

もはや方向転換もできないほど、

教育界は悲惨な状態です。

 

-------------------------------------------------------------

 

僕は、教育界全体をリセットするべきだと思います。

それには現場の教師自身が革命を起す事です。

 

教育する事は教育される事です。

教育は相互関係なのです。

 

-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------

 

追記の追記

 

今回の「プログラミング学習」は、僕にとっても

いい経験でした。

やっぱり教育は相互関係ですね。

信頼関係が大事だと思いました。

 

我ながらツボを押さえた講義ができて、

自信になりました。


自慢じゃないですけど、僕はやっぱり秀才だから、

還暦近しでも、まだまだ伸びしろがありますね。

ハハハー。←お調子者か!!\(^o^)/

 

-------------------------------------------------------------


老後は「不登校」という選択をした人間を対象に

寺子屋でも開こうかな・・・。

 

ほら、「不登校」って、見事な選択じゃないですか。

大量生産のレールを外れて自立した優秀な人間と

共に学んでいきたい。


そして学校の不要性を証明したい。

 

まだまだやりたい事は沢山ある。

なんと楽しい人生だろう!!


-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです