沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

東京オリンピック・ボランティア問題

 

2020年東京オリンピックのボランティアが、

確保できるのかと問題になっている。

 

必要なボランティアは大会組織委員会

東京都の募集分を合わせ、11万人だそうだ。

 

大学生を中心に予定していたが、ここに来て

新たに「中高生枠」を設ける方針であることが分かった。

 

次代を担う若年層が、ボランティア活動を体験することは

教育的価値も高く、有意義と判断したそうだ。


実に国にとって都合のいい教育的判断だ。

なんという強制的ボランティア集めなのだろうか。

その節操の無さに、驚くばかりだ。 

 

-------------------------------------------------

 

個人的な意見を言わせてもらうと、

学生を当てにしている時点で終わっている。


学生だって、暇人ばかりではないだろう。

見通しが甘すぎる。

 

それにボランティア活動は自発的に行なう行為だ。

国に命令されて行なう事ではない。

それは学徒動員ではないか。


さて、そこまでして

ボランティアで11万人も集まるだろうか?

 

答えは小学生でも分かる。

答えはノーだ。

 

-------------------------------------------------

 

また、ボランティア募集の条件が凄い。


「10日以上の活動が基本」

「宿泊は自己手配、自己負担」

 

マジか?

こんなにハードル高くしたら、

無料ボランティアではなくて、

有料でも有能な人材は集まらないだろう。


オリンピック委員会や東京都は、頭がオカシイのか?

 

これはボランティアの募集じゃなくて

奴隷の募集だろう。募集の条件が異常だ。

 

セコい。セコすぎるぜ。JAPAN。

 

-------------------------------------------------

 

五輪利権で、なんにもしないで何億、何十億円と

転がり込んてくる老害老人がたくさんいるだろう?

その金を吐き出させればいい。

老人よ、あの世に金は持っていけないのだよ。

 

なんで将来のある若者が、

無料で働かなければならないのだ?


今の日本の姿を見事に表している、腐った五輪だな。

 

それならば「老人枠」を作り、老人たちに

最後の奉仕をしてもらえばいい。

冥土へのいい土産になるだろう。なんまいだ~。

 

-------------------------------------------------

 

そもそも、なんでボランティアで運営するのだろうか?

都内の暇な公務員駆り出せばいいのに。

 

公務員なんて暇なんだから、五輪ボランティアに最適だろう。

あ、だめだ・・・。公務員には教養がない・・・。

知恵がない。想像力がない。行動力がない・・・。

 

それなら、派遣とかで仕事発注すればいいだろう 。

競技場設備もすべてボランティアで作られたのか?

違うだろ。

 

僕は、タダで人をこき使おうとする発想が大嫌いだ。

絶対誰も応募するな!!

 

ハイ、おもてなし終了!!

なんて愉快な五輪だろう。

開催が楽しみだ。見ないけど・・・。

 

-------------------------------------------------
-------------------------------------------------

 

追記

 

小池クンは打ち水で、この強烈な暑さに対抗しようとしている。

小池クンは暑さで頭がヤラれているのがよく分かるね。

自分の頭に打ち水しなさい。

 

そういえばさ、小池クン。

公約を何一つ実現させていないよね。

ヤレヤレだ・・・。

都民も大変だな。

 

そのうち、自民党あたりの老人議員が

「若いうちに苦労は買ってでもしろ」

とか言いだしそうだが、騙されてはいけない。

 

そんなのは、若い労働力を搾取するための

たわごとだ。

私達は、もうだまされないぞ。

 

-------------------------------------------------
-------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです