沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。僕は発達障害・自閉症・アスペルガー症候群の味方だよ。

自然還元葬でお願いします・臓器移植には反対だ

f:id:catpower:20200107184031j:plain

 

catpower.hatenablog.com

 

前回の記事では、多くの人からお祝いの言葉を頂きました。

どうもありがとうございます。

 

昔に比べ、今の還暦は通過点です。

 

今後もブログで書きたいことを書いて、

ストレス無しの楽しい人生を過ごします。

よろしくお願いいたします。

 

-------------------------------------------------

-------------------------------------------------

 

さて、久しぶりに那覇の街を歩いてみた。

以前より外国人が減った感じがする。

その代わり、チンピラみたいな小僧が増えている。

 

沖縄は景気が良いから、ヤクザっていうか

半グレっていうか、いわゆる不良品が

集まってきているらしい。

ヤレヤレだ。

 

-------------------------------------------------

 

ある角を曲がると、道の真ん中で

4人のチンピラ小僧が、1人の大人に

暴力をふるっていた。

 

大人はもう降参状態で道に倒れていたが

チンピラ小僧の一人が執拗にケリを入れていた。

 

-------------------------------------------------


さて、見て見ぬ振りをするか?

否。

 

1対1なら許せるが、4対1は

普通、見逃せないだろう。

4対1はあかんよ。

 

-------------------------------------------------


アドレナリンがドバッと出てきて

思わず小僧の腕をとって、投げてしまった。

もちろんケガをしないように。

 

当然小僧たちは僕を敵と認識し

脅しにかかる。

 

が、いつでも刺し違える覚悟はできている。

小僧など怖くもなんとも無い。

 

-------------------------------------------------

 

小僧たちは威嚇してくるが、物理的な攻撃は

してこなかった。

僕の投げ技にビビったのだろうか。


やがて小僧たちはツバを吐きつけ、

脅しの言葉とともに、消え去った。

それで正解だ。

 

お互いにケガはゴメンだ。

 

-------------------------------------------------


チンピラ小僧に暴力を振るわれていたのは

外国人だった。中国人だった。

 

きれいな日本語で、お礼を言われた。

信用できる声の質だ。


そして「礼を返したいので、家に来て下さい」

と言われた。

 

そうか。それならばどんな「礼返し」なのか

興味が湧いたので、中国人の家に行った。


まさかそれが運命だとは、

その時は思っても見なかった。

 

www.gentetsu.com

 

自然還元葬とは何?


アメリカでは「自然還元葬」

というのが認められたそうだ。

 

遺体を微生物の力で分解して、

堆肥にして土に還すという埋葬方法だ。

 

2019年4月にアメリワシントン州

上院と下院で法案が可決され、


5月に州知事が署名したことで成立し、

2020年5月1日から施行される。

 

火葬でもなく、エンバーミングされた土葬でもなく

新しい方式だ。

 

-------------------------------------------------

 

有機還元葬」は専用の施設で行われ、

1~2カ月かけて微生物によって分解され

僕は堆肥になるのだ。

 

素晴らしい。


僕が死んだら僕を堆肥にしてくれ。

日本では無理そうだから、アメリカで死のう。

 

-------------------------------------------------

 

僕は臓器移植には反対の立場だから

臓器は誰にもやらない。

 

臓器を欲しがる人たちよ。


他人の臓器を移植してまで生き延びたいのか?

何故そんなに生にしがみつくのだ?

 

だから臓器売買などの悪事が生まれるのだ。

 

-------------------------------------------------

 

臓器移植には絶対反対です

 

たまに自分の子供が心臓病だから

心臓を移植して助けたいという親が

募金活動をしているが、僕は反対だ。

 

助けたい気持ちはわからないでもないが、

それでも僕は、臓器移植には反対だ。

 

募金で集まった金で、自分の子供の

心臓を買うというのは

美談なのか?

 

いくら心臓を移植したところで

永遠には生きられない。


天命を受け入れてくれ。

それが自然の習わしだ。

 

-------------------------------------------------

 

それに結局アメリカに行って

心臓を移植しているが、

それは結局、カネで心臓を買っているのだ。

 

それでいいのか?

行っている意味はわかるか?

綺麗事はゴメンだぜ。

 

心臓の次は何がほしい?

きりがないだろう?

「Never Let ME Go 私を離さないで」を見て、考えてほしい。

f:id:catpower:20200112085537j:plain

 

臓器移植に関しては、いろいろな意見があるだろう。

もちろん移植したい人はすればいいと思う。

それを止める権利は誰にもない。

 

おとなしく自分の移植の順番を待つ人は問題ない。

問題なのは金で臓器を買う人間だ。

 

 

ただ、僕は臓器移植には反対の立場です。

ゴメンね。臓器移植賛成の人よ。

僕の論理感が強烈に否定するのです。

 

臓器移植問題を見て見ぬ振りをするより、

ハッキリと意見を表明するほうが

わかりやすいだろう。

  

-------------------------------------------------

 

話がずれた。

でも、臓器移植問題を考えるきっかけになれば幸いだ。

 

臓器移植に関しては、真剣に考えないと

不幸が連鎖するだろう。

思考停止してはならない。

 

-------------------------------------------------

 

さて、「自然還元葬」だ。

日本でもぜひ認可してほしい。

土に還るなんて素敵じゃないか。

 

ぜひ僕を土にしてくれ。

堆肥にしてくれ。

 

ちなみに沖縄では戦前、風葬があったそうだ。

素晴らしい風習だ!! 

 

-------------------------------------------------

-------------------------------------------------

www.gentetsu.com

追記

 

まだ実用化されていないが「プロメッション」という

「エコロジカル埋葬」があるそうだ。


「プロメッション」の手順 (特許と商標を取得済み)

 

1.病院や葬儀所で、遺体をマイナス18度で凍らせる。

 

2.3日ほどして、プロメッション施設へ。

遺体を木製の棺に寝かせ、装置の中へ入れる。

装置内で遺体と棺が別々になり、

遺体をマイナス196度の液体窒素に浸して凍らせる。

 

3.遺体と棺を振動させると、粗い粉になる。

 

4.この粉をフリーズドライ機にかけて、水分を抜く。

 

5.歯の詰め物や手術で体内に入れた金属を、

金属セパレーターを使って除く。

 

6.おおよそ体重の30%になった粉末(水分以外のすべての物質)を、

骨壺よりも大きい生分解性の棺に入れる。

 

7.土の浅い部分(深さ30~50センチメートル)に埋める。

 

8.土の状態にもよるが、湿気が棺に入り、

土中微生物の働きにより約1年で腐植土になる。

 

-------------------------------------------------

 

なるほど、遺体を液体窒素に浸して凍結し、

粉砕して、フリーズドライしてから

土の浅い部分に埋めるのか。

 

フリーズドライ葬」か。

面白い発想だ。


この業界も、進化しているんだな。

 

よし、このシステム「プロメッション」開発元と契約結んで

商売しようかな。

 

ももはなさん、「フリーズドライ葬」は

どうですかね?

 


Promessa and EcoLegacy turn human remains into plant food with alternative burial process - TomoNews

-------------------------------------------------

-------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです