沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。僕は発達障害・自閉症・アスペルガー症候群の味方だよ。

還暦になったよ・ありがとう

f:id:catpower:20200127080857j:plain

 

Sticky Fingers !!


Sticky Fingers !!

 

表題通り、還暦になったよ。


が、これと言って感慨深さはない。

特別な事は何もしない。

単なる通過点と言った感じだ。

 

ただ生き残ったんだなと言う感覚はある。

そう、生き残ったのだ。

 

ここまでの人生、山もあれば谷もあったが

乗り越えて生き残ったのだ。


素晴らしい事ではないだろうか。

 

-------------------------------------------------

 

50才になった時の方が、

「おお半世紀生きたのか」っていう

驚きが大きかったね。

 

戦前までの平均寿命は

50才にもならなかったそうだ。

 

-------------------------------------------------

 

長寿のお祝いが始まったのは

鎌倉時代とも言われている。

 

その頃はもっと短命で、

還暦を迎える60才は長命であり、

すごくめでたかったのだろう。

 

今はどうかと言うと、

100才まで生きろ・働けという時代だ。


バカ政府のバカ政策のおかげで

還暦も価値は暴落した。

 

-------------------------------------------------

 

死までのカウントダウン開始


さて、60才はいよいよ死までの時間が

残り少なくなってきたなと思う。


生命の折り返し地点は、完全に過ぎた。

 

死へのカウントダウン開始だ。

80歳で死ぬとして、後20年だ。

大きく楽しく遊べる項目も後3,4項目だろう。

 

-------------------------------------------------

 

それに、事実として、体力は落ちてきたし、

頭の回転も7,200rpmから5,400rpmになっている感じ。


圧倒的な瞬発力での知能戦から、経験値を使った

地道な持久戦に変化していかなければならない。

 

どちらにしろ変化は受け入れる。

流れには逆らわない。

もはや急ぐ理由は何もない。

 

www.gentetsu.com

 

生涯現役

 

これまで社会貢献も十分したし、満足している。

なんの問題もない。

 

やるべきことは全て全力でやった。

後悔もない。


そしてリタイアなどはしない。


生涯現役だ。

僕には生涯現役でいられるスキルが有る。

 

-------------------------------------------------

 

そう、生涯現役でいるにはスキルが必要なのだ。


スキルがない人間は、セミリタイアしてしまう。


セミリタイアなどと聞こえはいいが、

人生最前線からの脱落だ。

 

そうなるともはや社会貢献もできず、

単に人生を消費するだけだ。

そんな人生は、僕には耐えきれない。

 

とは言え、人生の過ごし方は人それぞれだ。

自由に生きればいい。

しかし社会貢献は大切だよ。


-------------------------------------------------

 

これは僕の人生の場合だ。

人生のあり方は人それぞれ違う。

 

もしかしたら人生を途中下車してみる

生き方もあるだろう。

 

大事なのは、自分なりに人生に向き合い

逃避せず生きる事だろう。

 

-------------------------------------------------

 

いろいろな生き方がある。

いろいろな死に方がある。

 

健康な人もいる。病気の人もいる。

人生はいろいろだ。

 

どちらにしろ自分の人生からは降りられない。

それならば先に進もう。

 

現状から逃避せず、立ち向かおう。

それが人生との付き合い方だろう。

 

七転び八起きの幸運な人生です


それにしても今日まで、幸運な人生だった。

 

そりゃあ楽しい事ばかりではなく

何度も転んだが、七転び八起きだ。

起き上がるたびにタフになる。

 

とにかく「運」と「人」に恵まれた人生だった。

 

これからもそうだろう。

ありがたい事です。

 

僕は基本的に、最小限の労力で最大の効果を得る事が

好きなので、「運」と「人」に恵まれたのは

本当に幸運です。

 

-------------------------------------------------

 

死を恐れる老人たち

 

さて、この歳になると、周りのTVばかり見ている

バカな老人たちは病気自慢をしている。


しかし、死については話をしないし、話を避ける。

死を恐れたり、死の話を敬遠する人が多い。


しかし個人的には、死の話は

するべきだと思っている。

 

なぜなら誰にでも訪れる現象だ。

逃れるすべがないのならば、

積極的に迎え撃つのが

僕の主義だ。

 

-------------------------------------------------

 

あなたは何故、死を恐れる?

経験したことが無いからか?

死のマニュアルが無いからだろうか?

 

僕は死は恐れない。

なぜなら経験したことが無いからだ。

それ故、恐れる理由がない。

 

-------------------------------------------------

 

さらに言えば、この人生において

チャレンジすべき事はチャレンジしてきた。


後悔などはない。

故に、生にしがみつく理由もない。

 

その時が来れば、静かに

死を受け入れるだろう。


ある意味、その時は死の正体が

分かる瞬間でもあるから興味がある。

 

www.gentetsu.com

まだやりたい事はあるぜ

 

とは言え、今すぐに死にたい訳ではない。

まだやりたい事や、やるべき事がある。

それを完了してから死にます。

 

きっと今まで誠実に生きてきたから、

いいタイミングで死がやってくるだろう。

 

ある意味、還暦は

「どう生きるか」中心の発想の終焉で

「どう死ぬか」に至る人生の始まりだろう。


いよいよ自我の終焉が始まるかも知れない。

楽しみだ。

 

-------------------------------------------------
-------------------------------------------------

 

人生を人のために使いなさい

 

とにかく僕は還暦になった。

 

最後に一つ、人生をうまく使う作法を伝えよう。

これは健康でろうと病気であろうと

誰にでも有効な人生の作法だ。

 

それは、「人生を人のために使いなさい」

という事だ。

それが人生の真理の一つだ。

 

さて、還暦は、思ったより楽しいことを伝えて

今日は終わろう。

 

Have a lovely day !!

 

-------------------------------------------------
-------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです