沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

レンタルギャラリーを探しています

f:id:catpower:20190331045802j:plain

 

catpower.hatenablog.com

 

源哲は不良精神科医による事件以来、

基本的に寝て過ごしています。


まだショックが残っているようです。

昼夜逆転状態です。

 

自閉症スペクトラム障害者にはよくある事です。

昼と夜の生活リズムが逆転しています。

あまり良い状態ではありません。

 

------------------------------------------------------------

 

でも、薬もちゃんと飲んでいるようだし、

一日二食は食べているようなので、良かったです。

 

ただし安心はできません。

今回のことで人間不信が増したかもしれないし、

展示会へのモチベーションもなくしたかもしれない。

 

発達障害は繊細なのですよ。

 

とりあえずコミュニケーションは取らないといけないので

交換日記しています。小学生の恋愛かよ(笑)

 

------------------------------------------------------------

 

◯日本でレンタルギャラリーを探しています。

 

源哲の個展を1週間開催するとしても

源哲の精神的・体力的事情を配慮すると

本人は2,3日しかギャラリーにいられないだろう。

それも1時間いたら1時間はホテルで休息という形。

 

------------------------------------------------------------

 

だから、レンタルギャラリーの条件として、


本人がギャラリー不在時に、

代理で展示作品の管理・販売を行ってくれること。

 

事前の荷受け、利用後の作品返送を行ってくれること。

作品展示の手伝い等、各種サポートを行ってくれること。

歩いて5分以内に休息場所となるホテル等があること。


など、ハードルは高い。

 

------------------------------------------------------------

 

何100件電話しただろうか。

どれだけ断られただろうか。


しかし、ようやくレンタルギャラリーが見つかったが、

当初の予定から大幅に変更になりそうだ。

 

------------------------------------------------------------

 

まず、地元・沖縄。


もともとレンタルギャラリーは3つしか無い。

その全てで、障害者という事で貸してくれなかった。

おいおい、金を払うお客様だぜ。


「障害者には貸さない!!」で話は終わりか・・・。

お前らいつか落とし前つけてやるからな。

 

という事で、地元沖縄での開催は不可。

 

沖縄県福祉センターに貸しギャラリーがあるのだが

そこも意味不明の理由で貸してくれなかった。


さすがは医療・福祉レベル全国最下位の県だ。

 

------------------------------------------------------------


次は首都・東京。


こちらは何万というレンタルギャラリーがある。

ありすぎて的を絞れないまま、単純に片っ端から交渉。


ノーノーノーノーの嵐だ。

東京もアクティブな障害者には不寛容だな。

 

が、ようやく一軒、障害者専用のレンタルギャラリーを

見つけた。


ようやくOKが出たのだが、2019年度はすでに

スケジュールが満杯とのこと。

 

2020年はオリンピックで今以上に人が増えると予想されるから

そんな場所に、聴覚過敏・視覚過敏の源哲を

行かせる事はできない。

源哲の聴覚過敏・視覚過敏からすると

東京は地獄かもしれない

 

------------------------------------------------------------

 

という事は、オリンピック後に個展を行うという事だ。

予定としては2年後の10月。2021年か・・・。

 

2年後?そんな先の事は予想もできないな。

が、とりあえずおさえておく。

 

大幅に予定変更だ。想像もしなかったよ。

 

------------------------------------------------------------

 

さらに探求していくと、もう一軒、OKがでた。

こちらは障害者専用という訳ではないが

それなりの配慮はしてくれるとの事。


このあたりはオーナーさんの人間性しだいですね。

 

しかしこちらも、2019年度はすでに

スケジュールが満杯とのこと。

今後話を詰めていく予定。

 

------------------------------------------------------------

 

それにしても首都・東京にして、障害者専用の

レンタルギャラリーが1つしか無いとは、驚いた。

(いや、実際はもっとあるのかもしれないが

沖縄からでは東京全部の情報は取れない。)

 

さすがは盲導犬と入店すると53%が拒否される国だ。

 

いかに障害者が必要とされていないかよく分かる。

世界は健常者中心の世界で、アクティブな障害者は

アウトサイダーなのだ。

 

でも、それでもいいさ。

アウトサイダーにはアウトサイダーの生き方がある。

アウトサイダーにはアウトサイダーの流儀がある。

 

------------------------------------------------------------


しかし・・・だ。


こんなにレンタルギャラリー探しが難しいとは思わなかった。

 

それならば自分でギャラリーを作って

運営したほうがいいのではないか・・・

というのが、いつもの発想だ。

 

実際に障害者専用のレンタルギャラリーならば

十分需要もあるし、運営していけると思う。

 

------------------------------------------------------------

 

問題は場所だ。


地方では無理だ。需要がない。

首都・東京でギリギリ運営できるかな?だろう。

 

しかし僕のような田舎者が、

東京の流儀に慣れ親しむことが

できるだろうか。

1年ぐらい東京に住んでみようかな。

 

------------------------------------------------------------

 

◯目指せアメリ

 


もしかしたら僕たちアウトサイダーは芸術に興味を持たない国、

日本という小島には収まりきらないのかもしれない。


やっぱりアメリカやオーストラリアを目指そうかな。


広々として呼吸がしやすく、生きやすい世界に行こう。

日本はあまりのも不寛容で息苦しい。

 

何も不寛容で息苦しい日本にいる必要はない。

トランプが失脚したらアメリカに行こうかな。

アメリカで行動したほうが楽しいだろう。

 

------------------------------------------------------------

 

とにかく行動あるのみだ。

立ち止まっていても何も生まれない。

 

僕の基本的姿勢は、行動することだ。

行動することで、人生をどんどん変化させる。

 

行動していると、世界が変化してくるのだ。

生が助けに来てくれるのだ。

 

これは事実だが、

行動力のない人間には

一生理解できないだろう。

 

オレたちはアウトサイダーだ。

アウトサイダーらしく生きて楽しもう。

 

とはいえ、レンタルギャラリー探しを

助けてほしいのは事実。

 

どなたか情報あったら教えてください。

東京にこだわっている訳ではありません。

別に美術ギャラリーである必要はありません。

病院・図書館などでもOKです。

 

------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------

 

追記


今回レンタルギャラリー探しで思ったけれど、

日本で何かを行うのだったら、

東京で行うべきだと思った。

 

東京一極集中は当然だなと思った。


だって、その他の地域、リソースがなさすぎるんだよね。

情報量もそうだけど、物理的リソースがなさすぎる。

政令指定都市クラスでも、一部を除いて物足りない。

 

やはり「俺ら東京さ行ぐだ」は正義だ。

 


【 IKZO 】 TACATA' 【 MAX with IKZO一門 】


------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです