沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。僕は発達障害・自閉症・アスペルガー症候群の味方だよ。

精神科医に依存してはいけない

f:id:catpower:20190304105500j:plain

 

沖縄は本土系精神科医のゴミ箱

 

源哲は月1で精神病院に通院している。

主にカウンセリングと薬をもらうためだ。

 

源哲は一人ではあまり行動できない。

外出するときは付添が必要なので、

たまに僕も病院に付き添う。

 

-----------------------------------------------------

 

その日も朝8時30分に病院についた。

いつもどおりのルーチンだ。


何気なく本日の担当医表示版を見ると

いつもの慣れ親しんだ主治医のS医師とは

違う名前が表示されていた。

それもヤバイ系の本土の人間だ!!

 

-----------------------------------------------------

 

なぜ本土系の精神科医がヤバイかと言うと

大体が本土で問題を起こして、沖縄に都落ちしてきた

医者が多いからだ。


実際毎年、本土系の精神科医は詐欺罪等や児童買春罪で

何人か捕まっている。


沖縄はある意味、本土系不良精神科医の「ゴミ箱」なのである。


沖縄にはヤブ医者が多いのである。

そしてそのヤブ医者に、文句の一つも言えない

愚かな県民性が、さらに沖縄にヤブ医者を呼び込むのである。

 

僕はヤブ医者には「キミはヤブ医者だから担当外れてくれ」

って言いますよ。だってヤブ医者ヤバイもん。

 

-----------------------------------------------------

 

それはさておき、いつもの慣れ親しんだ主治医が

いない時点で、嫌な予感がしたんだ。


受け付けで聞いてみると、その主治医は同系列の

都市部の病院に栄転になったそうだ。

 

だから今日は薬だけもらって、

後日改めて主治医が移動した

都市部の病院に行こうと思ったのですが、

診療を受けないと薬は出せないという。


ヤレヤレだ。

受付の女の子とこれ以上話していても埒が明かない。

 

-----------------------------------------------------

 

しょうがないので本土系の精神科医

診療を受ける事にした。


この段階で源哲はかなり緊張している。

耳栓をして防音用イヤーマフをして、

聴覚の過敏性を飼いならしつつ

ものすごく緊張している。

 

わかるよ。その気持。初対面の人間、苦手だもんな。

でもしょうがない。診療を受けよう。薬をもらうために。

 

-----------------------------------------------------

 

で、いつもならプライバシーのため、

源哲だけが診療室に入るのだけど

今回は嫌な予感がしたので、僕も参加した。

源哲は防音用イヤーマフをしたままだ。

 

-----------------------------------------------------


なんと本土系の精神科医は、いきなり源哲の防音用イヤーマフ

取り外し「おい、元気出せよ」って言ってきた。

 

イヤイヤイヤイヤ、聴覚過敏だから防音用イヤーマフ

しているんだよ。それを勝手に取るなよ。

 

それに「おい、元気出せよ」って、何という挨拶なんだろう。

元気出せるなら元気出してるよ。


おい、発達障害うつ病患者にそんな事言うなよ。

お前がすべきは、まず患者との信頼関係を築く事ではないのか?

 

-----------------------------------------------------

 

さらに追い打ちをかけるように、

「引きこもってないで、なにかしろ。なにかしろ。」って繰り返す。


この藪医者め。目潰してやろうか。

 

「そうだ、すき焼きを作れ。キミはすき焼きを作れ」と

意味不明のことを言い出した。

 

と同時に、源哲がキレた。


おもむろに立ち上がると、椅子を思い切り蹴り

診療室を飛び出ていった。

 

 -----------------------------------------------------

 

そりゃあそうだろう。初めてあった奴に

いきなり防音用イヤーマフを取り上げられ

「すき焼きを作れ」などと訳のわからないことを言われたら

逃げるしか無いだろう。

 

この状況で席を外すのは適切な行動だ。

こんなヤブ医者と関わるのは精神的にも無駄だ。

 

-----------------------------------------------------


で、僕がヤブ医者に薬を出すように指示し、

もうお前とは二度とかかわらない事を宣言し

診察室を出た。

 

「お前の診療法は源哲には合わない。お前は不要だ。

用があるのは薬だ。薬だけ処方しろ。いつもの薬だ。

それぐらいお前にもできるだろう?

お前には一生源哲の診療はさせない。ヤブ」

 

-----------------------------------------------------

 

精神科医に依存してはいけない

 

でも、たまには精神科医とぶつかるのは良いことだ。


精神科医に依存してしまったら、人生終わりだ。


精神科医と接する時は注意深く、

依存しないように接しなければならない。


依存すれば蜘蛛の糸に捕まる蝶のように、

精神をコントロールされてしまう。


現実的に多くの患者は精神科医に依存している。

 

-----------------------------------------------------

 

そして多くの精神科医は患者を依存させ、

無意識にもてあそんでいる。

 

その事に気がついて、注意深く患者に接している

精神科医のなんと少ない事か!!

 

-----------------------------------------------------

 

もはや源哲の姿は見当たらなかった。


よほど嫌だったのだろう。病院も飛び出て

しまったようだ。うーむ。どうしよう。

 

とりあえず会計して、院外薬局に薬を取りに行った。

あら、ここにもいない。

 

これは源哲火山爆発したな。

源哲は基本的に活火山だからな。


それはさておき、怒りと悲しみと屈辱と無常感でいっぱいの

人間を見捨てる訳にはいかない。

 

とりあえずあたりを探してみたが見当たらない。

警察に連絡するか・・・。いや、きっと自宅に向かって

歩いているだろう。

僕も源哲の自宅に向かおう。

 

-----------------------------------------------------

 

で、源哲の家についたが、自宅にもいない。

途中の道にもいなかっった。

 

これはまずいなと感じたので、警察に捜索依頼。

どこへ行ったのか。消えたのか。

相当今日の精神科医の診療方法に動揺したのだろう。

 

-----------------------------------------------------


翌日の夕方、源哲が自宅に戻ったという連絡があった。

ホッとしたよ。


だけど一言も喋らず、すぐに横になったそうだ。

きっと最低1ヶ月は動けないだろう。

 

でも、次回からはキミの慣れ親しんだS医師の病院に行き

S医師に診療してもらおう。

 

今回はついていなかった。不愉快な思いをしたな。

でもそれも今回だけだ。

 

源哲よ、生きていくのは大変だな。

でも生きていこう。

 

-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------

 

追記

 

ついてなかったの一言では済まされないのだけれども

話がややこしくなるし、源哲も無事だったのの

良しとしておこう。

 

本来ならクズ精神科医に落とし前をつけさせ

首を切らせるところだが、まあ、今回は見逃してやろう。

 

それよりも、個展の準備中という大事な時期に

源哲とは最低1ヶ月連絡が取れなくなるのは

痛いな。

 

とりあえず僕ができる事はサポートしておくけど

本人がやるべきことは、大きく遅延する。

 

さて、どうしよう。珍しく悩むな。

 

が、僕の心がつぶやく。

なるようになるさと・・・。

 

-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです