沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。僕は発達障害・自閉症・アスペルガー症候群の味方だよ。

猫の殺処分ゼロ運動・虐待ゼロ運動に関して

 

catpower.hatenablog.com

 

みなさん、先日の記事「さあ、猫の殺処分ゼロ運動・

虐待ゼロ運動はじめるよ」では、

ご協力ありがとうございました。


また、貴重な意見をいただきありがとうございました。

心から感謝いたします。

 

--------------------------------------------------------------

 

まず、この運動は一人で行うわけではありません。

誤解されている人がいるようですが、一人では無理です。

基本的には「私達12人」で行います。

 

資金面で心配されている人がいましたが、基本的に

ボランティア活動なので、「猫の殺処分ゼロ運動・

虐待ゼロ運動」からの収入は期待できませんし、

していません。

 

が、「私達12人」の中には、例えばドバイ◯◯◯◯から

融資してもらえる人間がいたりします。

また、国内の財団との連絡を取ります。

心配はありません。

 

--------------------------------------------------------------

 

また、ほとんどの人間が諸外国の仕事をしているので、

収入はいいので、心配ありません。

 

「私達12人」は不当に給与が安い日本企業とは

関係を持たないので、十分な収入はあります。

 

それにしても、日本企業の給与は、株式からすると

不当に安いですね。

皆さん何故交渉しないのですか?

とても不公平な世界だと思います。

 

--------------------------------------------------------------

 

さて、現段階では、情報収集中です。


具体的な行動としては、現段階では、情報収集だけです。

実際に行動は起こしていません。

しかし情報は重要です。

 

そして僕らは基本的に表には出ません。裏方に徹します。

いわゆる黒子です。


すでにあるリソースを有効に使い、

猫の殺処分ゼロ運動・虐待ゼロ運動を支え、実行します。

 

f:id:catpower:20180614165834g:plain

--------------------------------------------------------------

 

名古屋市では1,500万円で猫の殺処分ゼロを達成したそうなので、

その情報を収集中です。


猫の殺処分ゼロに関しては、全国的にボランティアの

存在が欠かせず、またボランティアの負担も大きいようです。

 

要するに「商売」にはならないという事です。


また、個人的には「商売」にならないほうが

いいだろうと思います。

 

「商売」になると、また「動物の殺処分ゼロ」で

儲けようとする怪しい人間が現れますから

動物たちのためにならないでしょう。

 

とにかく動物第一主義を貫きます。

そのためには、ある程度の自己犠牲は必要でしょう。

 

--------------------------------------------------------------

 

もちろん「猫の殺処分ゼロ運動」を行っても

そこからの収入はありません。ボランティア活動です。

 

そのためにも他に、しっかりとした収入源を持っている

必要があります。


僕達は他に十分な収入源を持っているので問題ありませんが、

他に収入源のない人は、長期に渡る「猫の殺処分ゼロ運動」には

手を出さないほうが無難です。

 

 

とても地道で根気のいる行為です。

 

--------------------------------------------------------------

 

さて、話を名古屋市の犬猫の殺処分ゼロ達成に戻しますが、

どの程度ボランティアの負担になっているか、

現時点では不明ですが、1,500万円で犬猫の殺処分ゼロ達成は

凄いなと思います。


また、東京で活動中の団体とも連絡を取り合っています。

ここでは失敗例をたくさん教えてもらえたので

二の轍を踏むリスクが減ったと思います。

 

今回は「失敗しました」「はい、そうですか」とはいかないので、

リスクが減る事はありがたい事です。

 

--------------------------------------------------------------

 

それと、「犬猫の殺処分ゼロ」活動をすでにされている

芸能人の方たちとも、接触する予定です。

 

有名人の発言力は、僕の何万倍もありますから、

どんどん発言してほしいです。

それを後押しします。

それが行政を動かすための近道でしょう。

 

--------------------------------------------------------------

 

アメリカからの情報では、大規模シェルターによる猫の保護は

破綻状態だそうです。


1つのシェルターに200匹も収容すると、衛生面を始め

保護猫達の精神面にも良くないことがわかり、

大規模シェルターは縮小の方向にあるそうです。

 

この世界は、多くの失敗の上に成り立っている事も理解しました。

だからといって失敗は恐れません。

失敗も経験です。成功だけ得ることはできません。

 

--------------------------------------------------------------

 

そして、もっとも肝心の、沖縄県内の団体とも接触中。


いろいろ団体はあるのですが、それぞれ独自に活動しており、

横の連絡は一切なし・・・というより、それぞれが

自分たちのやり方がBESTだと思っているようで、

連携は難しいかなというのが現状です。

 

--------------------------------------------------------------

 

さて、ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

 

そして僕らは、今後、活動内容をブログ等で報告しない事に

しました。

 

なぜなら、私達は黒子です。

表に出る必要は無いでしょう。

 

3年ぐらいで、沖縄の犬猫殺処分ゼロのニュースが流れたら、

ああ、頑張って活動しているんだなと思って下さい。


よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです