沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。僕は発達障害・自閉症・アスペルガー症候群の味方だよ。

2019年買って良かったもの??それより大事な話があるんだ

f:id:catpower:20191002105636j:plain

www.gentetsu.com

 

さてと、アメリカ移住は延期して、

当分は沖縄で生活する事に決めたのは

以前に書いたとおりです。

 

トランプのおかげで人生計画が変更になりましたが、

それもまた良しでしょう。


人生に絶対値はないから、当たり前だけど、

臨機応変に立ち回っていかないとね。

 

それにね、もう無駄な労力使いたくないのですよ。

だから簡単に前言撤回して、移住は延期だ。

さて、何して遊ぼうかな。

 

-----------------------------------------------------

-----------------------------------------------------

 

「2019買って良かったもの」という

タイトルのブログをたくさんみかけた。
 
みんなよくモノを買い込むなあと驚いた。


特にAmazon楽天市場のセールには、

みなさん反応していろいろ買うようだ。

 

まあ、それぞれ必要なモノは違うから、

他人が口を挟む事ではないけど

みなさん買いすぎじゃないかい?

 

3%でいいから募金をしようと思わない?


そのうちの3%でいいから、

寄付や募金をしようという気持ちは

持てませんか?

 

いや金額の問題ではない。助け合い精神の問題だ。

あなたは他人を助ける事をした事がありますか。

 

-----------------------------------------------------

 

 日本人は世界一ケチな民族

 

資料によると、「日本人は世界一ケチな民族」だそうだ。

 

個人寄付総額
 

日本   8,804億円 対GDP比:0.18%

米国 25兆5,245億円 対GDP比:2.01%

英国   1兆4,914億円 対GDP比:0.75%


米国人は確かに寄付が好きな人が多い。

収入の10%は社会貢献のため寄付している。

僕の寄付好きも米国生活で養われた。

 

それにしても、日本人はまさに「世界一ケチな民族」だ。


何故こんなにも、他人に関心が無いのだろうか?

 

身内である自分の子供や親戚の子供には

お年玉とか言って寄付するくせに、

何故世界のために寄付や募金はしないのだろうか?


本当にケチだな。

 

-----------------------------------------------------

 

あなたの寄付金で、世界の何処かで飢えて死にそうな

子供の命が救われると想像できないだろうか?


あなたの寄付金で、病気で苦しんでいる人を

助けることができると

想像できないだろうか?

 

そして確実に、あなたの寄付金で

誰かが幸せになると想像できないだろうか?

 

-----------------------------------------------------

 

働かざる者喰うべからずでいいのか?


日本社会は基本的に、みんな「働かざる者喰うべからず」と

思っているのだろう。


自分に厳しく、他人にもまた厳しいのが日本の社会だ。

なんとみみっちい島国根性の発想だろうか。

 

それで楽しいのだろうか?

答えはノーだ。

 

だから日本は、誰も楽しくない社会になっているのだ。

それでいいのだろうか?


-----------------------------------------------------

 

その息苦しい社会を変えるにはどうしたいいのだろう。

 

社会を変えるのはあなた自身だ。

あなたが変わることで社会は変わるのだ。


例えそれが、小さな動きでも、

あなたが変われば確実に社会は変わるのだ。

 

-----------------------------------------------------


日本も格差社会になってきて、貧困層が増えている。

しかし日本国は貧困層を助けてはくれない。

だから自分たちで助け合う社会を作るのだ。


いつか、私やあなたが貧困層になるかもしれない。

未来は保証されていないのだ。

 

その時、見も知らない誰かが援助してくれたら

ありがたく思わないだろうか?

僕はありがたく思うだろう。

 

-----------------------------------------------------

 

寄付とは、それを他者にプレゼントする行為だ。

プレゼントできる立場にいる事は、幸いな事。


だからその幸いを、みんなで分かち合わなければならない。

分かち合う行為が、あなたを、そしてみんなを幸せにするのだ。

 

もう一度言う。


自分の事ばかり考えていないで

他人のことも考えてください。

それが幸せへの、最初で最後の一歩だ。

 

-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------

 

募金は簡単にできるよ


追記


例えばYahooのトップページから、ネット募金ができる。

余っているTポイントを有効に使える。

そのようなシステムを利用すれば、お手軽に募金できる。

 
有効期限が切れる前に、Tポイントで募金をしよう。

そのぐらいの事は子供でもできるだろう。

あなたにできないはずはない。

 

donation.yahoo.co.jp

-----------------------------------------------------

f:id:catpower:20200109173259j:plain

 

追記の追記

 

島猫は20代から寄付をしている。寄付が趣味だ。

見知らぬ誰かの役に立つと思うと、ワクワクする。


流石に30年以上寄付を続けると、

総額◯◯◯万円以上になる。

 

それは僕がフリーランスで、

人脈にも恵まれ、運にも恵まれ、

仕事の受注にせよ価格の設定にせよ、

全てが自分のコントロール下に

あったからできたのだろう。

 

もったいないと思う人がいるかもしれないが、

「金は天下の回りもの」なのである。

これは事実だ。

真実はわからなくて構わない。

 

寄付したお金は、回り回ってあなたに戻ってくるのだ。

単なるお金以上になって戻ってくる事もある。

 

-----------------------------------------------------

 

これは投資とは違うのだ。

 

投資のような、見返りを求める安っぽい行為とは、

わけが違うのだ。

 

この意味があなたにはわかるだろうか?

 

それに、そもそも仕事の報酬とは何であるか、

あなたは真剣に考えた事があるだろうか?

 

仕事の報酬は全て自分のものだと考えているならば、

あなたは永遠に「真の人生」を理解できないだろう。

 

-----------------------------------------------------

 

お金は必要以上に溜め込んではいけない。

回すことによって、お金は生きるのだ。

 

ただし、見返りを求めてはいけない。

見返りを求めると、偽善になるし、お金は逃げる。

 

経験上、困っている人達への寄付という形でお金を回すと、

信じられない事がおこる時がある。

事実、ある日突然、信じられない事が起こるのだ。

 

-----------------------------------------------------

 

募金してみませんか?

 

決して強制はしませんが、

あなたも寄付を経験してみませんか。

そんな余裕はないって?

だから強制はしないって言っているんだよ。

 

だけどさ、食事を1食ぐらい抜いても

死にやしないだろう?


食事を1食抜いて、その分を寄付してみなよ。

ほら、死なないだろう。

だから寄付してみなよ。

楽しいよ。

 

↓↓後半の「高須クリニック」院長の高須克弥さんのインタビューは

読む価値がある。お薦め。

www.e-aidem.com

 

さらに追記

 

最近見つけた「オーストラリア森林火災」の

支援金募集をしているブログ。

 

動物がたくさん死んでいる。

みんなで助け合おうよ。

 

1オーストラリア・ドル は76円ぐらいかな。

ケチケチするなよ。

支援しようぜ。

 

numagasa.hatenablog.com

-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです