沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。僕は発達障害・自閉症・アスペルガー症候群の味方だよ。

アベンジャーズってどれから見ればいいの?

f:id:catpower:20200115045204j:plain

 

ハイ。

 

シン・ゴジラ」を5分で見終わる島猫です。

5分といえども、あれは時間の無駄でした。

 

時間はお金では買えません。

大事に使いましょう。

 

--------------------------------------------------------------

 

今日の記事はハリウッド系ドンパチ映画を

批判していますから、ドンパチ映画が好きな人は

スルーして下さい。

 

特に「スター・ウォーズ」は、バッサリ切るから

要注意。

 

今日はとっても辛口だよ。

辛口が苦手な人はスルーしてね。

うまく食べれないかも知れないよ。

本音で書くと辛口になっちゃうんだよ。

 

まあ、世の中いろいろな意見があるという事で・・・。

 

今日出てくる単語


ゲーム・オブ・スローンズ

アベンジャーズ

スター・ウォーズ

 

グラン・トリノ

ミリオンダラー・ベイビー

「運び屋」

「ターミナル」

「グリーン・マイル」

 

--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------

www.gentetsu.com

 

ゲーム・オブ・スローンズを全部見た


今更ながら、「ゲーム・オブ・スローンズ」を全部見た。


もう、この世にいる人で「ゲーム・オブ・スローンズ」に

興味があって、見ていない人はいないだろうから

ネタバレ有りの、感想書きます。

 

基本的に僕の好きなダーク・ファンダジーで、

前半は面白かったです。

まさかAmazonで全編無料で見れるとは思わなかった。

 

--------------------------------------------------------------


アメリカHBO制作でありながら、

俳優陣はイギリス人が多く

重厚な演技で良かったです。

 

アメリカ製ドラマのチャラさは一切ありません。

基本的にマジメなドラマです。

ただしエログロ注意です。家族では見れません。


貴族が権力を巡り争いあう。そこへ長い冬と

邪悪な勢力が忍び寄る・・・って感じ。

 

原作のある第6章までは人間関係の表現も緻密だったし、

伏線もしっかり回収していて楽しめました。

 

--------------------------------------------------------------


が、個人的には原作の部分が終わって、

オリジナル脚本になった第7章以降は

正直言って退屈でしたね。

 

この程度の脚本ならオレにも書けるぜ・・・って。

 

何って言うのかな。

ご都合主義が顔を出してきてしまって。

人間関係の表現も浅くなった。

 

--------------------------------------------------------------

 

まあ、ダーク・ファンタジーだからドラゴンはいいとしても

氷のゾンビが出てきた段階で、冷めましたわ。

 

こいつら無双やんか。無敵やんか。

その割にはあっさりと・・・。

 

アメリカ人は本当にゾンビ好きだな。

バカなのかな?

 

--------------------------------------------------------------

 

その上、一度死んだスノウは生き返るしで、

もう何でもあり状態。泣けるぜ。

 

確かに話の展開としては、スノウが存在しないと

話が進まない展開に追い込まれていたけど、

まさかのスノウ生き返りで、へそが飛び出たよ。

 

あんなに簡単に生き返ってもいいの?

もうちょっと頭を使って生き返らせてよ。

Oh my Gosh !! 


--------------------------------------------------------------


で、第6章以降、風呂敷広げすぎたせいで、

話が繋がらなくなってしまい

結末もボコボコ。面白くない。

 

でもしょうがないな。

あれだけ風呂敷広げちゃうと、無理やり収拾つけないと

物語が終わらないものね。

 

--------------------------------------------------------------

 

物語の終わりも賛否両論で炎上したみたいだし・・・。

作り直せという書き込みも見たよ。

 

でも、どんな終わり方をしても、

全員を納得させるのは難しいでしょう。

ヤレヤレでした。

 

個人的な最終感想は、微妙・・・。

前半90点、後半20点かな。

 

日本の諺に「終わりよければすべてよし」

と言う言葉がありますが、

それとは真逆の結果でした。

 

--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------

 

アベンジャーズってどれから見ればいいの?


と、「ゲーム・オブ・スローンズ」を消費した段階で

勢いに乗って、「アベンジャーズ」ってやつを

見てみようと思ったのですが、どれが最初の話で

どの順番で見ればいいかサッパリわからない。

 

調べるのも面倒なのでスルーする事に決定。

 

どんな内容か知らないけど、

パッケージ写真から予測すると

毎度おなじみのハリウッド式・

正義と悪が戦い合う話なのかな。

 

--------------------------------------------------------------

 

だったら興味ないや。

飽きたよ。ハリウッド式・正義と悪の戦いは。

 

もう何10年異常、同じような内容が

消費されているのだろう。

(あえて異常という漢字を使うセンスの良さ)

 

--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------

 

スター・ウォーズ」はくだらない映画

 

ふと思ったのですが、「アベンジャーズ」って

スター・ウォーズ」系ですか?

 

僕、「スター・ウォーズ」苦手なんですよ。

だって宇宙に行ってまで戦争するなんて

悲しすぎませんか?

バカすぎませんか?

 

宇宙戦争を娯楽にしてしまうって、

感性低すぎませんかね?

 

何でみんな、好戦的な映画が好きなんですか?

 

スター・ウォーズ」は、大金注ぎ込んで作っている割には

世界最低クラスの映画だと思っています。

 

それにあの薄っぺらい家族愛の表現が苦手で、

蕁麻疹が出てきちゃうんです。

 

こんな映画を子供に見せたら、情緒の安定しない

大人に育ちそうで怖いな。

 

f:id:catpower:20171124015111j:plain

パパね。ホントは家族を愛しているの。フフフ・・・。

 

--------------------------------------------------------------

 

とにかく世界の映画・薄っぺらい内容選手権

優勝チームが「スター・ウォーズ」だと思っていますので、

アベンジャーズ」がその系統ならば、見るのはスルーだな。

見る意味はない。

 

正義と悪が戦い合う話ならば、興味なし。

もう、ウンザリだよ。

 

--------------------------------------------------------------

 

で、お前はそんなに「スター・ウォーズ」を批判するほど

映画に詳しいのか?と問われれば、ノーと答えるでしょう。

 

映画などという娯楽に費やす時間は少ないです。


人生の時間がもったいないですからね。

そう思いません?

 

人生を受け身の娯楽で消費するのって、

もったいないよね。

 

--------------------------------------------------------------


で、こんな事書くと、「スター・ウォーズ」の

熱狂的ファンから批判されるんですよ。

 

熱狂者は厄介だよね。洗脳されているからね。


でもいくら批判されても、あんな薄っぺらい映画を

認めるわけにはいかない。

 

それにさ、世の中いろいろな意見があって

いいんですよ。

わかりますか?

 
--------------------------------------------------------------

 

 こうゆう映画が、映画っていうんだよ


だから批判してくる人間には

クリント・イーストウッド主演の「グラン・トリノ

を見ることを勧めます。


ミリオンダラー・ベイビー」もいいな。

 

最近だと同じくクリント・イーストウッド主演の

「運び屋」。

 

トム・ハンクス主演の「ターミナル」「グリーン・マイル」

も見るに値する映画だ。

 

こうゆう映画が、映画っていうんだよ。

それがわからない奴と話をしても時間の無駄だ。


--------------------------------------------------------------


という訳で、僕は話の合わない人間と

話し合いはしない。


よく「話せば分かる」という人がいるが

それは幻想だ。

 

なぜなら「話せば分かる」ならば、

世界は平和なはずだか、

どこもかしこも争いの火種は尽きない。


「話せば分かる」が綺麗事だと言う証明だ。

いや、例外もあるな・・・。

 

--------------------------------------------------------------

 

基本的に僕は、何事も例外が1割は存在するという

意識を持っている。


なぜなら世の中は完璧ではないからだ。


それ故、何事も1割の例外の存在は認めている。

僕の話は、それを前提に聞いてほしい。


--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------

www.gentetsu.com


追記

 

今年はクリント・イーストウッド主演の「運び屋」で

十分満足したから、2020年は、もう映画は見ないだろう。

 

基本的に、僕の人生の残り時間は少ないのだ。

無駄には消費したくない。

 

それに、受動的行為よりも能動的行為のほうが

僕にはあっているようだ。

さあ、行動しよう。

 

--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------

 

追記の追記

 

映画って基本的に消費されるべき媒体で、

本とは存在意味がまるで違うな。


僕は映像派ではなく文字派だと思う。

 

それにしても、「私の選んだ映画BEST100」とか

記事にしてくれるブロガーさんありがとう。

 

おかげで下らない映画を見る機会を

減らしていただけて感謝しています。

 

無駄な時間の消費は人生の無駄ですから、

本当に助かります。

 

皮肉じゃなくて、本当に助かります。

ありがとう!!暇な人!!


--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです