沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。僕は発達障害・自閉症・アスペルガー症候群の味方だよ。

若い人達よ。AIは貧困から脱出するチャンスだ

f:id:catpower:20190610220334j:plain

 

ハロー!!事なかれ主義のポンコツ経営者のもとで

働いている貧困層サラリーマンのみなさん。

 

貧困は君たちのせいではないよ。

政治家や経営者がクズだからだよ。

そんな国や会社は辞めちゃいなよ。

世の中は広いよ。

 

----------------------------------------------------------

 

合わない会社・仕事だと分かった場合は

即座に転職だ。

 

「石の上にも3年」は大昔の話。


人生にとって、3年の時間を浪費するには、

あまりに惜しいだろう。

 

----------------------------------------------------------

 

例えば、やりがいのある仕事だと思い、保育士を目指して

保育士になったけど、給料が低くて生活ができないと

嘆いている人がいる。

 

嘆いているだけ時間の無駄だ。

「やりがい」を搾取されている事に気づいたら、

さっさと保育士は辞めるべきだ。

 

キミは「やりがい」に幻想を持ちすぎ、裏切られたのだ。

新しい人生を歩むべきだ。

 

----------------------------------------------------------

 

ただし、次の就職先が確保できる前に辞めるのは

絶対にいけない。←ここ重要

 

無職の期間を作ってはいけない。

そのまま沼にハマる可能性があるからだ。

 

----------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------


さて、そんな貧困層サラリーマン・ウーマンに、

良いお知らせだよ。

うまく波に乗れば一攫千金だ。

 

----------------------------------------------------------

 

AI=人工知能を使ったビジネスの競争が

世界的に激しくなる中、日本政府は、AIを各専門分野で

応用できる人材を2025年に年間25万人育成することを目指す

「AI戦略」をまとめたそうだ。

 

----------------------------------------------------------

 

それによると「AIの利活用に関し、アメリカや中国の

企業などによる覇権争いが激しさを増しているが、

わが国は後れを取っている」として、


AIを各専門分野で応用できる人材を2025年に

年間25万人育成することを目指すらしい。

 

----------------------------------------------------------

 

これはいいチャンスではないか。


国を上げてAIビジネスの国際競争に参加するから

国民のみなさん、AIを勉強して下さい。

給料は国が保証しますよと言っているようなもんだ。

 

----------------------------------------------------------

 

さらに小学生から高校生まで1人1台タブレット端末を使って

授業を受けられる環境を整備するとともに、

大学の優れたAIに関する教育プログラムを

政府が認定する制度を設けるとしている。

 

そして育成された人材を活用して、AIを

「健康・医療・介護」「農業」「国土強じん化」

「交通インフラ・物流」「地方創生」の5つの分野で重点的に導入し、

従事者の負担軽減や、生産性の向上につなげるとしているそうだ。


----------------------------------------------------------

 

いいね。守備範囲が広いぞ。

ほら若い人達、今すぐAIの勉強を始めろ。

金になるんだぞ。身も入るだろう。

貧困から抜け出すチャンスだ。

 

----------------------------------------------------------

 

日本はAIの社会実装ができていない。

ものすごくチャンスがあるぞ。

 

AIの社会実装とは、こういう事だ。

 

例えば、小売業では、最適な商品の配置や客層に合った

品ぞろえを実現するために、店舗内のカメラを使って

来店者の動向をAI分析を行う。

 

するとどうなるかと言うと、今まで同じ事を人間がやっていて、

何時間もかかってしまうことが、AIだと一瞬でできてしまうのだ。


「健康・医療・介護」関連のAI社会実装が完成すれば

全ては手際よく解決できるようになるだろう。


AI社会実装の可能性は無限だ。

そして可能性が無限という事は

仕事も無限に発生するという事だ。

 

----------------------------------------------------------

 

せっかく国が、国をあげて

AIを各専門分野で応用できる人材を2025年に

年間25万人育成することを目指すのだ。

それに乗らない手はないだろう。

 

技術を覚え、高給を取ることは当たり前の事だ。


そのためにも勉強して、AIを開発・研究している企業に

潜り込め。

命がけで勉強する価値はあるぞ。

 

----------------------------------------------------------

 

そして日本で一人前のAI開発者になれたら、

世界を目指せばいい。


世界中がAI開発者を求めているのだ。

なんと幸運な事だろうか。

 

あなたが優秀なAI開発者になれたら、

世界中があなたのフィールドだ。

世界中から高額のオファーが来るだろう。


若い人達よ。貧困から脱出するチャンスだ。

懸命に勉強して、自分の価値を高めろ。

 

----------------------------------------------------------

 

さあ、即座に勉強を始めよう。

自分に投資しよう。


即座に行動できないやつは貧困のままだし、

自分に投資できないやつも貧困のままだろう。

 

もう言い訳は不要だ。


貧困から脱出したいのならば

即座に行動あるのみだ。

 

----------------------------------------------------------

 

はじめての AI
Offered by Grow with Google

https://www.udemy.com/google-jp-ai/

 

----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

 

追記

 

だけどね、ちょっと残念な報告もあるんだ。

日本の場合、データ分析や統計スキルを持ち合わせた

データサイエンティストが少ないんだ。

 

データサイエンティストは、企業が持っている

多量のデータを整理・分析し、企業にとって

重要な情報を導き出すのが仕事だ。

 

だからビッグデータを活用するAIの開発には

データサイエンティストは不可欠なのです。

 

そのデータサイエンティストが少ないというのが

日本の弱点。

 

さらに、日本人は新しい技術に対して非常に消極的。

これも日本の弱点。

 

----------------------------------------------------------

 

その上、相変わらず年功序列の考え方が強い日本企業では

20代30代の若手世代には発言権のない企業がほとんどだ。


若手社員が魅力的なアイディアを出したり、

柔軟な発想で意見を述べたりしても、

意思決定を行うのは50代60代の老害管理職という

企業が多い。

 

これも弱点だ。

 

----------------------------------------------------------

 

結論を言おう

 

やっぱり日本政府の言う事など鵜呑みにせず、

海外に出て、若い世代の社員も自分の裁量で

自由に研究開発できる環境の企業に勤めるべきだ。

 

やっぱり若い人は、海外に出たほうがいいよ。

それではシンガポールで会いましょう。

 

----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです