沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。僕は発達障害・自閉症・アスペルガー症候群の味方だよ。

画家・会田誠クンは日本に必要な変態

 

f:id:catpower:20181205151524j:plain

 

www.bengo4.com

 

さて、画家・会田誠の講義で苦痛を受けたという女性受講生が

「セクハラ」で京都造形大を提訴しました。

 

原告の大原直美さん(39)は京都造形大・東京藝術学舎で

開かれた社会人向け公開講座(全5回)を受講。

 

公開講座の内容はヌードを通して、芸術作品の見方を

身につけるという内容だった。

 

---------------------------------------------------------

 

(そもそもこの段階で間違いがある。芸術は観察者が自由に

思考を遊ばせればいいのだ。それは学ぶものではなく

感じるものだ。学んだ瞬間、全ては既知のものとなり

自由はなくなるだろう。

 

---------------------------------------------------------

f:id:catpower:20190308171949j:plain

会田誠「犬(野分)」

 

大原さんは、のゲスト講師だった芸術家の会田誠の講義で

ショックを受けたそうだ。

 

講義は、涙を流した少女がレイプされた絵や、全裸の女性が排泄

している絵、四肢を切断された女性が犬の格好をしている絵などを

スクリーンに映し出すという内容。

 

大原さんは、動悸や吐き気、不眠の症状がつづき、

急性ストレス障害の診断を受けたそうだ。

 

---------------------------------------------------------

 

この件に関して僕の意見を言おう。

 

大原さん、会田誠のような画家は日本に必要なのだ。


自分で自分の事を変態と言い、

自分で自分の事を天才と言う人間は

世の中に必要なのだ。


実際会田誠は絵もうまく、発想も斬新で

天才ではないが、限りなく天才に近い。

そして変態ではないが、限りなく変態に近い。

 

このような日本人は稀な存在である。


尊敬する必要はないが、このようなポジションにいる

日本人は必要なのだ。

 

---------------------------------------------------------


批判を恐れず、はっきり言おう。


大原さんは急性ストレス障害の診断を受けたそうだが、

それでも会田誠は世の中に必要なのだ。


唯一無二の存在として日本に必要な人材だ。

 

厳しい言い方だが、急性ストレス障害になったのならば

治療を受けて直せばいい。

 

大原さん、それはある意味、チャンスだ。

急性ストレス障害にかかり、それを克服した先には

新しい世界があなたを迎えてくれる。


大原さん、あなたはラッキーなのだ。

 

そしてあなたは「嫌悪感」の正体を

見つける事ができるかもしれないのだ。

それは新しい人生の始まりだ。

 

---------------------------------------------------------

 

犠牲者が出ても、会田誠の変態性は変えてはいけない。


今後も会田誠により、多くの犠牲者が出るだろう。

それはしかたのない事だ。

 

会田誠の作品の多くは、女性が嫌う性と暴力を扱った

作品だという事は理解できる。

 

そしてそれをみた女性は、無意識に恐れが浮かび上がり、

恐怖を感じるのだろう。

 

しかし世界に性と暴力がある以上、それが表現されるのは

仕方のない事だ。

 

人類はまだ、それ以上の表現ができるレベルに達してないのだ。

まだまだ芸術は未熟なのだ。

 

---------------------------------------------------------


ここで芸術論を話すつもりはない。

芸術が自由なのか僕は知らないし、

知るつもりもない。


ただし「芸術」と「猥褻」に境界を求めても

意味はないと思う。

 

なぜ線引したがるのだ?

精神が不安になるからか?


それならば不安にしておけばいい。

そこから何か新しいモノが生まれるかもしれない。

 

何が生まれるかを恐れれば、恐怖が生まれるだろう。

何が生まれるかをあるがままにまかせれば未知が

生まれるかもしれない。

 

いずれにしろ僕たち人類はまだまだ未熟で

未完成なのだ。

 

---------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------

 

追記

 

大原さん、「セクハラ」で京都造形大を提訴する気持ちは

わからなくもない。

 

しかし何度も言うが、今後多くの犠牲者が出ても

会田誠は必要だ。

 

そして思い出してほしい。

なによりも、会田誠の想像力より、現実の世界は

はるかに暴力的で悲惨だという事を。

 

そして考えてほしい。

鑑賞者は芸術という世界に逃避しないで

現実の世界で何をすべきかを。

 

---------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです