沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

寄付ができるのは、運が良かっただけ

 

 

catpower.hatenablog.com

 

以前、「日本人は世界一ケチだ。もっと寄付をしよう」的な

記事を書いた。

 

確かに日本人は世界一ケチな民族だ。

自分の幸せしか考えず、他人の幸せには興味がない。

 

ただし、決して寄付を強制しているわけではない。

強制してさせられるあらゆる事は、苦痛だ。

 

人それぞれ環境も価値観も違う。

寄付したくてもできない環境の人もいる。


無理をしてまで寄付をする事はない。

大事なのは気持ちと行動力です。

 

------------------------------------------------------------------

 

島猫は400万以上も寄付したって書いたけど、

そんなに難しい金額ではないんだ。

運が良かっただけなんだ。

 

島猫はバブル期を経験している。

その時期はどの株を買っても株価は上昇して、利益が出た。


ある日NTTが1株170万円で上場して、その株を抽選で買えた。

それが2ヶ月で1株320万円になった。

利益が150万円。

所詮あぶく銭だから、普通50万円ぐらい寄付するでしょう。

 

------------------------------------------------------------------

 

その他にもバブル期の株の総利益が600万円ぐらい。

これも所詮あぶく銭だから、100万円ぐらい寄付するでしょう。

 

要するにバブル期という運に恵まれて、その時期だけで150万円は

寄付している。

 

後は月1万円×12ヶ月×30年=360万円って感じ。

 

------------------------------------------------------------------

 

毎月1万円寄付っていうのも

そんなに難しい話ではなくて、


まず第一に、島猫は人生最大の買い物と言われる土地・家屋を

購入したことがない。購入する気もない。

 

別に不動産所有者をどうこう言うつもりもないけれど、

個人的には不動産の所有など不要だと思ってるし、

もはや不動産など負動産だと思っている。

 

この辺は価値観の違いで、何を優先させるかなのですが、

島猫は家ではなく、人間を最優先する道を選んだという事です。

 

----------------------------------------------------------------

 

夢のマイホームなんて、50年前の幻想だ。

50年後には廃墟だろう。

 

だから島猫は、永遠に気ままなヤドカリ生活。

日本語・英語・猫語圏ならば、どこでも住めるよ。

借家だからどこにでも簡単に移動できる。

この方式が島猫の生活には必要なんだ。


ほとんどの期間を、家賃2万円程度のボロい家で生活している。

今は築50年のボロ屋生活だが、十分雨風はしのげる。

 

不動産や家のローンがない自由な生活だ。

寄付する余裕も生まれる。

 

------------------------------------------------------------------

 

第二に、人生二番目に高額の買い物と言われる

生命保険に入ったことがない。

 

島猫ファミリーは死亡も病気も怪我もしないから、(不死身か!!)

生命保険には入らない。生命保険不要。

個人的に生命保険は詐欺に近い商品だと思っている。

 

みなさん月に2万円ぐらいは、生命保険払っているでしょう?

これだけで月1万円の寄付はらくらく可能。

 

------------------------------------------------------------------

 

第三に、島猫はフリーランスで、たまたま高給取りだ。

第四に、アメリカ生活で募金・寄付精神を学べた。


以上の条件がそろって、寄付が可能となっただけ。

さっきも言ったけど、運が良かっただけなんだ。

 

島猫は、何かを我慢して寄付をしているわけではない。

欲はあるし、いわゆる教育費にはたっぷりお金を使った。

 

そして自分に必要なものがあれば、自分のために買う。

10万円のワーキングチェアーだって買っている。

寄付ができるのは、本当に運が良かっただけなんだ。

 

------------------------------------------------------------------

 

だからあなたも、もし寄付ができるぐらい運が良ければ

寄付をしてみるといい。

しかし見返りを求めてはいけない。

 

できるところから、コツコツやりましょう。

1日100円の寄付でも、1年で36,500円の寄付になる。

すごいよ。それで誰かの命が助かるのですから・・・。

 

あなたは確実に人を助ける能力を持っている。

しかし、その能力を使わなくては意味がない。

さあ、あなたの人を助ける能力を開花させよう。

 

donation.yahoo.co.jp

 

↓↓後半の「高須クリニック」院長の高須克弥さんのインタビューは

読む価値がある。お薦め。

https://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/yoppy14


------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです