沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

島猫の正体を知りたい人へ・そしてROCKな音楽の話をしよう

 catpower.hatenablog.com

 

島猫が少年時代、ギターキッズだった事は以前書いた。

その時代は学校でエレキギターを弾くと、不良扱いだった。

 

まあ島猫は、違う意味でも不良品だったから、

なんと呼ばれても気にならなかったし、

ギターが弾ければ幸せだった。

 

--------------------------------------------------------------

 

実はそんな島猫の青年時代の姿が写っているDVDがあるのだ。

ほんの一瞬だけど、確実に映っている。

1980-09-18に島猫はここにいたのです。

 

f:id:catpower:20180114064703j:plain

 

PANTA&HAL」でAmazonで検索すれば見つかります。

 

--------------------------------------------------------------

 

そう、10代の島猫は、このPANTAに強烈なROCK魂を

叩き込まれたのです。

 

ROCKは魂の叫びだって教えられたのです。

 

音楽に順位なんかないけれど、島猫にとってPANTA

David Bowieは別格なんです。

 

みなさん、PANTAなんて知らないでしょう?

頭脳警察って言ったほうがわかるかな。


もしPANTAを知っていたら、島猫と同じくCRAZY ROCKERだね。

嬉しいよ。

 

商業的には全く無名なPANTAのLIVEを見れたのは、

後にも先にも、これが最初で最後。興奮した。

 

--------------------------------------------------------------

 

PANTAの曲に興味があれば、Amazon prime musicで

聞いてみて下さい。

 

特に「1980X」「TKO NIGHT LIGHT」はお気に入り。


「1980X」は38年を経て「かつて音楽で社会の危機を警告する者がいた」

ことを証明する名作。

 

そして最高作「クリスタルナハト」

ユダヤ人大量虐殺を歌える人間が、日本にPANTA以外いるだろうか。

 

ナチス・ドイツによるユダヤ人に対するホロコーストを批判する

ROCKERがいただろうか。

 

そして現在において、「私はイスラエル支持者ではない。

パレスチナ弾圧は現代のジェノサイド」と言い切るROCKERが

いるだろうか。

 

 --------------------------------------------------------------

 

さて、ちょっとROCKな音楽の話をしよう。

 

島猫が聞く音楽は、ロック、クラシック、フラメンコ、メタル、

ハードフュージョン、等の形式美がある音楽です。

 

ジャズは少年時代に聞いた、気違いじみたフリー・ジャズ

トラウマになって避けています。

 

もちろんインストゥルメンタルも聞くけど、半分以上は歌付きの音楽。

ベースにあるのは少年時代から聞いているROCKな音楽。

 

そして少年時代に求めていたのは、欧米のコピー品ではなく、

日本人による日本語のROCK。

 

--------------------------------------------------------------

 

だから、音楽にとって作詞は重要な位置を占めると思っています。

その意味でPANTAの詩は、島猫にとって最高なご馳走です。

 

PANTAは島猫にとって、既存概念の破壊者であり、

同時に賢者なんです。

 

もう腰骨が砕けそうになる程の、ROCKな詩なんですよ。

これはDavid Bowieも同じ。

 

--------------------------------------------------------------

 

基本的にROCKは常に反抗するものだ。

既存概念を破壊する音楽だ。

「I wanna rock and roll all night and party every day」

なんて能天気に歌ってる場合じゃあない。


PANTAは日本人で、「社会」「政治」などを歌える数少ない人だ。

日本人が誰も歌っていない歌を歌える稀有な存在。

 

日本人のROCKSTARって、「社会」「政治」を避けるでしょう?

勇気がないよね。

 

---------------------------------------------------------------

 

社会に対する批判ができないROCKSTARなんて、存在意味がない。

そんなやつは、名前入りのタオルでも売っているがいい。


体制の批判より、売上が大切すぎて、日本人のROCKSTARって、

金儲けは上手いけど、ホント屑だと思う。


その中で、忌野清志郎は数少ない本物だったよ。

 

--------------------------------------------------------------

 

あれ?話が暴走している。まあいいや。

 

要するにROCKをやってる人は、綺麗事だけではなく

現実を歌えって事だ。強いメッセージを発信しろという事だ。

 

PANTAはパンクロックが存在しない時代から

パンキッシュな音楽を表現し続けてきた。

 

しかし世間的な評価は低い。

それはなぜか?

それは、歌詞の切れ味が良すぎるからだ。

日本人にはメッセージ性が強すぎるのだ。

 

上っ面のラブソングを歌うミュージシャン程度なら

瞬殺されるレベルの歌詞だ。

 

甘ったれた音楽に飽きた人は、ぜひ聴いて下さい。

 

----------------------------------------------------------------

 

PANTADavid Bowie

 

島猫にとっては、アートの本質を教えてくれたエネルギー体達。

どこまでも走れと檄を飛ばしてくれた存在達。

既製のモノを破壊しろと警告してくれた存在達。

音楽に溺れそうになったときに、他の分野も学べと教えてくれた存在達。

 

刺激的な奴らだ。

 

--------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------

 

PANTAの詩を一つ紹介しよう。1980年作だ。


この時点で、目的のない暴力、ストーカー(なんて言葉はまだなかった)、

逆切れ、白昼の無差別殺人など、荒廃していく人間を予言している。

 


ナイフ

 

ただその笑い方だけ 気にさわっただけさ

だから目の前にナイフ ちらつかせただけさ


それなのに本気になるから

あまり俺を 悲しませるなよ

 

ただおまえの横顔が まぶしかっただけさ

だからいたずら気分で からかってただけさ


それなのに本気になるから

あまり俺を悲しませるなよ

 

アメ横でやっと手に入れた

気に入りのナイフが

狂った手元をはじき返す午後の街角

 

排ガスまみれのグリーンベルトに

投げ捨てられたナイフ

投げ捨てられたナイフ

 

--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです