沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。僕は発達障害・自閉症・アスペルガー症候群の味方だよ。

脳と体のメンテナンス

 

 

  

還暦近くなってきて思うのは、やっぱり健康第一という事だ。

健康でなければ、できない事がある。

僕はまだやりたい事があるので、健康には気を使っている。

 

基本的には1日の内、最低1時間は有酸素運動のために使っている。

 

以前は、村営のプールで泳いでいたが、今はプールの改修工事で

プールは使えない。

 

その代わりに、踏み台昇降運動をしている。

地味な運動だが、真剣に20分も続けていると汗が吹き出す。

畳半畳でできる効率的な運動だと思う。

ハード面は当分の間、踏み台昇降運動30分×3でいいだろう。

 

--------------------------------------------------------------------

 

中年期以降のトレーニングは、若い世代のようにマッチョを

目指す必要はない。よって過度のトレーニングの必要はないし、

ジムに通う必要もないだろう。

 

しかし自宅でできる範囲で運動を行えば、体型を維持する

ことができるし、骨の強化にもつながる。

いつまでも自力で歩行できる事は大事な事だ。

 

--------------------------------------------------------------------

 

そしてソフト面(頭というか脳)の強化というか劣化予防。

 

人間、40歳を過ぎると脳が老化していくそうだ。

 

TVなんぞを半日でもボーっと見ている生活は、痴呆症への近道だ。

スマホの使い過ぎも、脳の老化を促進させるらしい。

 

適度な運動が、脳の老化防止に役立つというのは

昔から言われてきたことだが、長期的な調査により

実際によく歩く人の方が、認知症アルツハイマー病を発症する

リスクが低いということが裏付けられている。

 

要するに、適度な運動は、体を鍛えるだけでなく脳も鍛えられるという事。

運動によって脳の血流量が増え、それが脳力アップになるそうだ。

 

--------------------------------------------------------------------

 

僕の場合、それに加え、頭の体操をしている。


仕事として、現在コンピューターのプログラミングをしているのだが、

これがけっこう楽しいし、頭の体操になる。

頭の体操になり、その上お金も貰えるのだからありがたい。


まあ僕は、レトロなエンジニアだが、レトロはレトロなりに、

いや、レトロだからこその仕事があって助かる。

 

レトロすぎて、競争も無いのでストレスもない。

なんと幸運なのだろう。(^^)

 

--------------------------------------------------------------------

 

定期的な運動+脳の劣化防止の実践で、僕には還暦以後も、

楽しい世界が待っているだろう。

 

まだまだやりたい事はたくさんあるので、やりたい事をどんどんやりたい。

実現させるべき夢はたくさんある。

死ぬまで楽しめそうな人生だ。

幸せだ。

 

--------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------

 

追記

 

有酸素運動によって身体中に酸素を送ることで、

新しい脳細胞がつくられることが医学的に証明されている。

有酸素運動は脳をリフレッシュするのだ。

 

何にしろ、40歳以降は、定期的な運動は必要だろう。


お薦めは全身運動のできる水泳だ。

 

運動により気分も爽快となるし、良いことずくめだ。

是非とも日々運動を、できる範囲で無理なく行うことをお勧めしたい。

 

--------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです