沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

デビッド・ボウイは永遠に

 

f:id:catpower:20171228070011j:plain

 

1月10日がデビッド・ボウイの命日。

デビッド・ボウイが永眠してから2年たちますが、

最近、日々、デビッド・ボウイのエネルギーを身に感じます。


まるで目の前に存在しているかのようなエネルギーの塊。

なぜだろう?不思議だ。

 

そのエネルギーは心地よいのだが、強さと弱さが

コインの裏表のように同居している。

 

今にして思えば、ボウイは常に先の先の先にいて、

少年だった島猫はボウイを捕捉できなかった。

 

----------------------------------------------------------------

 

しかしボウイの死によって、

ようやくボウイを捉えた感覚。その充実感。そして悲しみ。

涙が止まらない。

 

島猫にとってはアートを教えてくれたエネルギー体。

どこまでも走れと檄を飛ばされた存在。

既製のモノを破壊しろと警告してくれた存在。

音楽に溺れそうになったときに、他の分野も学べと教えてくれた存在。

 

----------------------------------------------------------------

 


David Bowie – Rock 'N' Roll Suicide (Live, 1973)

 

ボウイで一番好きなアルバムを上げろと言われたら、熟考して

「ジギー・スターダスト」と言うだろう。もちろん他にも素晴らしい

アルバムがあるが、「ジギー・スターダスト」に収録されている

「ロックンロールの自殺者」が好きなのだ。

 

「君は独りじゃない、差し伸べたこの手を握ってくれ」というフレーズに

若い頃の傷が疼く。心がざわつく。

 

----------------------------------------------------------------

 

デビッド・ボウイのエピソードを1つ紹介しよう。

 

----------------------------------------------------------------

 

マークボランと黒人女性グロリアジョーンズとの間に男児がいたが、

グロリアはボランと籍を入れていなかったため、ボランの死後、

母子はボランの遺族からしめだされ、渡米したが金銭の苦労をした。

 

ボウイがこの二人に生活費を援助していた。

ボランの男児が成長して、「自分の父がボランだなんて、

大人になるまで知らなかった。

なぜ血縁関係もない自分たちをあなたは助けたんですか?」と

ボウイに尋ねたら、


「長年友人だった人の家族が困っていたら、助けるのは当たり前。」

とボウイが答えた。

 

----------------------------------------------------------------

 

そう、人間は身近で困っている人に、手を差し出す行為が

できるのだ。そしてそれを愛と呼ぶ。

愛は欲しがるものではなく、与えるものなのだ。

 

----------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------

 

追記

 

さて、ノーベル文学賞に選ばれたカズオ・イシグロさん原作の

「Never Let Me Go・私を離さないで」という映画を見た。

内容は書かない。見て欲しい。


決して楽しい映画ではないけれど、見ておくべき映画だ。

若いうちに見ておくべきだろう。

世の中、娯楽映画ばかりが映画ではない事を知るのは大切だ。

 

「Never Let Me Go・私を離さないで」は、イギリスの

どんよりした気候のように、心の中にある種の倦怠感を植え付ける。

しかし、それは貴重な体験だ。

 

自己犠牲というよりは、生命そのものを扱う映画だ。

見なければ理解できない奥深い映画だ。


しかし、生命、それさえも消費してしまう僕達の生は

罪深いのかもしれない、と感じてしまった。

 

そして、それだからこそ、生命という季節を

大切に過ごさなくてはいけないと強く思った。

 

----------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです