沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。僕は発達障害・自閉症・アスペルガー症候群の味方だよ。

終の棲家は猫の家

f:id:catpower:20200526061119j:plain

 

医療崩壊するより前に、

政治崩壊してるやん。

そう思わない?

 

次はいよいよ国家崩壊だな。

 

---------------------------------------------------------

 

話は変わるけど、今の「あいみょん」良いよね。

よく切れるナタのようだよ。

 

あいみょん」はいろいろ切りたくて

ウズウズしているけど、

だからといって無用なモノは切らない。

 

このピュアな感性、今だけのモノだろう。

 

刃物系の「椎名林檎」が安定した生活を手に入れて、

音楽的にも精神的にも安定してしまった今、

あいみょん」の存在は貴重だ。

 

今すぐ聞いて欲しい。今すぐだ。

大人にいじくられて、刃こぼれする前の、

ピュアな「あいみょん」を聴いて欲しい。

 

いや、「あいみょん」は永遠に刃こぼれしないかな。

 

アベノマスクは、もう要らない

 

近所の障害者施設で作っているマスクを愛用していたけど、

沖縄でも先週から、ようやく国産の使い捨てマスクが

入手できるようになった。

 

ユニ・チャーム」の文字が懐かしいぜ。

 

よかったよかった。一安心だ。

敵国中国製や、腐れ韓国製のマスクなど 絶対使わないぞ。

僕は頑固なんだよ。いや正常なんだ。用心深いんだ。

 

それにしても、アベノマスクは未だに届かないな。

どこに行ったのだろう。

 

崎陽軒のシューマイ弁当のように←覚えてる?

魔界にでも消えたのだろうか?

 

どっちにしろアベノマスクは、もう要らないよ。

アベに送り返すから、アベんちの住所教えてよ。

もちろん着払いな。

 

---------------------------------------------------------

 

それとさ、ブルーインパルスが東京の空を飛んだそうですが、

よくあんな飛行機密集地帯で飛べたな。不思議だぜ。

 

ブルーインパルスが医療従事者に希望を与えたって

書いてる人がいるけど、そうなの?どうなの?

 

 

もし東京の上空ではなく、思い切って

北京の上空を飛んだらどうなったかなと、想像してみる。

 

アメリカに戦争を仕掛けた日本だ。

次の標的は中国だろう。いや、冗談冗談。

 

だけどいつかは誰かが無法者・中国に

鉄槌を下さないとならないだろう。

 

---------------------------------------------------------

 

デニーくん。

沖縄では県議選が終わったけどさ。

 

政治家の皆さん、沖縄は基地問題以上に

貧困問題対策が重要な点を忘れないでくれよ。

 

貧困層が沢山いるじゃないか。

デニーくんの目には貧困層は見えないのかな。

 

基地問題なんか後回しでいいよ。

どうせ基地は簡単には作れない。

辺野古の、マヨネーズなみに緩いとされる

地盤の上には基地は造れない。

 

それより緊急性のある貧困問題対策

してください。

 

---------------------------------------------------------

 

それでさ、貧困問題対策のいい案があるんだよ。

沖縄県独自にベーシックインカム実施すればいいんだよ。

 

ほら、国からいっぱい補助金もらっているでしょう。

基地さえあれば、日本人の税金をガボガボ貰えるんだよ。

ラッキーじゃないか。基地は吉。

 

それを原資に沖縄ベーシックインカム実施。

デニーくん。いいアイデアでしょう?

 

www.gentetsu.com

--------------------------------------------------------- 

--------------------------------------------------------- 

終の棲家

 

さて、何度か終の棲家を作っている

記事を書いていますが、


僕は家に対してのこだわりは、

あまりありません。

雨風しのげれば十分です。

 

ただ、還暦になってから家を建てるのは

目的がシンプルなだけに、

住みやすい家になりそうです。


もう完全バリアフリーは当たり前。

 

それにしても、A設計士のおかげで

予定とは随分違うイメージの家が完成しそうですが、

まあ、住めば都。なれるでしょう。

 

何度も言いますが、雨風しのげれば十分っすよ。

 

---------------------------------------------------------

猫の生活は大事にします。


ある意味、終の棲家は、猫が楽しく過ごせる家。

猫が喜ぶ家を目指しています。

 

愛猫を保護施設から譲り受けた時、

「完全室内飼い」が条件だったので、

安心して「完全室内飼い」ができる

設計になっています。

 

猫ドア

 

まず、猫ドア。

本物のドアがあり、玄関があるのですが、

玄関の先に、猫が脱走しないように

猫ドアがあります。

 

ステンレスの金網を張った簡易ドアをつけて、

脱走を予防しています。

(網目の大きさは30mm角ぐらい)

 

これは自作。


大胆に合板をくり抜いて作りました。

反対側にいる猫の姿が確認できて

安全です。

 

猫窓

 

そして猫窓。

これも脱走防止用に、通常のナイロン系のメッシュ網2mm+

ステンレスの金網を貼り付けて、脱走を予防しています。

 

設計士は網目の大きさ2mm角ぐらいのステンレス金網を

薦めてきましたが(1枚で張り終えるから施工が楽)

 

よく見ると、ステンレス金網2mm角では光が乱反射して

外が見ずらいので却下。

 

ナイロン系のメッシュ網2mmは外が見やすいです。


で、あくまでも僕の設計どうりの、

通常のナイロン系のメッシュ網2mm+

ステンレス網目30mmの金網を貼り付け。

 

設計士より僕のほうが圧倒的に感がいいです。

全部僕が設計すればよかったかなと思う。

 

---------------------------------------------------------


猫窓は、愛猫が毎日、

日向ぼっこをしてくつろぐ場所なので

日当たり良く、かつ風の流れがよく、

 

かつ縄張りを監視しやすいように

外が見やすい構造になっています。

愛猫がくつろげる場所です。

 

猫窓は西日がキツイ西以外の

東南北にあります。

 

キャットウオーク&タワー


そして、DK部分以外には、

家全体にキャットウオークをつけました。

 

愛猫はシニア世代ですが、 

まだジャンプできる体力はあるので

適当に遊んでくれるでしょう。

 

---------------------------------------------------------

 

あとは様子を見て、キャットタワーを

追加するか否かですね。

 

市販のキャットタワーは、張り材がモコモコしていて

沖縄ではダニがわきそうなので、却下。

 

もしキャットタワーが必要ならば、自分で設計して

作ろうかな。

 

---------------------------------------------------------


僕は秀才だから、テーブルやタンスなどの家具も作れる。

蟻ほぞも組める。

昇降盤も使えれば、ルーターも使える。

当然設計図はかける。


という事はキャットタワーの設計図も書けるという事だ。

オリジナルのキャットタワーが作れるという事だ。

自分で設計してキャットタワー作ろうかな?

 

---------------------------------------------------------


それに今回の終の家製作で木造家屋の作り方も

理解できた。

僕は一度見れば、大体覚えてしまう。

 

木造家屋など、プラモデルのようなものだ。

基礎部分と材木のプレカットさえプロに頼めば、

あとの部分は素人でも十分できる。

 

次に家を建てるときは、セルフビルドにしようと

思っている。いや、もう日本では建てないけど・・・。

 

www.gentetsu.com

---------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------- 

 アメリカ人とテニスをする

 

閑話休題


庭。と呼ぶにはちょっと辛い、でこぼこ空き地。

 

石や岩が散らばっており

決して水平ではない500坪の空き地が、

建築中の家の横にある。

 

友人で手先が器用で建設を手伝ってくれる

アメリカ人のジョンがテニスラケット4個を持って

現れて、「そこでテニスしましょう」

と言い出した。

 

なんだか自信満々だ。

 

---------------------------------------------------

 

最近体を思い切り動かしていないから丁度いい。

挑戦を受けよう。

で、2対2で対戦した。

 

これがなかなか面白い。

地面がデコボコのせいで、ボールがどの方向に

弾かれるのか予想がつかないのだ。

 

本来ならフォームのキレイなジョンの圧勝なのだろうけど、

地面がデコボコのせいで、いい勝負になっている。

 

---------------------------------------------------

 

もちろんラリーは続かないが、

大イレギュラー大会で個人の能力差が

均等化されている。

 

なるほど。こんな遊び方もあるのだな。

この辺はアメリカ人の面白いところだ。

いい運動と気分転換になりました。

 

それにしても、こんなポンコツコートでは

さすがの僕も、ボルグのようには上手く拾えない。

ハハハ・・・。

 

---------------------------------------------------
 

久しぶりに体を思い切り動かしました。

回転運動は本当に久しぶり。

気持ちいい!!

 

疲れたけれど、楽しかった。

テニスお薦めです。

 

体は上下前後方向運動以外にも

回転運動を加える事をおすすめします。

 

そうすると水泳はかなりパーフェクトな

全身運動ですね。

 

ただ今の時期、水泳はまだちょっとヤバいかなと思う。

ああ、思い切り泳ぎたい!!

 

---------------------------------------------------
---------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです