沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

あのドロ-ン少年は発達障害?アスペルガー症候群?

 

かって、「ドローン」を飛ばし動画を撮り、
インターネットサイトに投稿しては、電子マネーを受け取ったり、
長野市善光寺境内にドローンを落下させるなど、
数々の騒動・奇行をおこし、再三にわたり警察に注意を受けた
ドロ-ン少年を覚えていますか。

 

------------------------------------------------------------------------

 

僕はこの少年は、発達障害者だと思います。
それも積極奇異型のアスペルガー症候群でしょう。


この障害は、社会性が低い割には社会から注目されたいという欲求が高いので
今回の少年の行為はアスペルガー症候群に当てはまります。


「ドローン」少年は中学卒業後、進学せず、定職にも就かず、
自身のツイッターでは「配信業をやってます」としていたそうです。

 

この辺の表現も積極奇異型のアスペルガー症候群特有の表現ですね。
頭は良いけど自閉的で社会性に乏しい。


現実的な世界では他人との感情の交流ができないから、
現実からはなるべく逃避し、ネット世界に没頭する。

 

------------------------------------------------------------------------

 

東京・浅草の三社祭で、「祭り行きますから。撮影禁止なんて書いてないからね」
こうゆう表現も積極奇異型のアスペルガー症候群特有の表現。

 

一般人は撮影禁止とは書かれていなくても、ドローンを使って撮影はしませんが
アスペルガー症候群者は共通認識を理解できず、「撮影禁止なんて書いてない」
って受け取るのです。いわゆる常識がないんですね。

 

「ドローン」少年はドローンを使って、ネット配信をしていましたが
ネット配信には、肖像権、著作権、場合によっては撮影許可といった
知識が欠かせません。

 

------------------------------------------------------------------------

 

なによりも他人に迷惑をかけないといった社会的な常識が必要ですが
積極奇異型のアスペルガー症候群には社会的常識が理解できないので
どうにもなりません。

 

この「ドローン」少年は発達障害専門の精神科医でもかなり手を焼くタイプの
積極奇異型のアスペルガー症候群だと思います。

 

 

------------------------------------------------------------------------

 

僕は何より「ドローン」少年に発達障害か否かの
診断を受けることをお薦めしますよ。
横浜市ならば発達障害を診断できる精神科医もいっぱいいるでしょう。

 

そして若いうちにカウンセリングを受けておいたほうがいいね。
そして人間性・社会適応性を修正した方がいい。

 

積極奇異型のアスペルガー症候群は脳の機能障害ですから、
カウンセリングをして障害が治ることはありませんが、
若いうちに常識はインプットしておいた方がいい。

 

今は少年法で守られていますが、成人になれば誰も守ってはくれません。
社会人になる前にしっかり躾けたほうがいいですよ。
大人の発達障害者を守ってくれる奇特な人はいませんから。

 

------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------

 

追記

 

「ドローン」がアスペルガー症候群だとしたら
ドロ-ンを飛ばし動画をインターネットサイトに投稿することが
彼の人生の全てという事になります。

 

残念ながら彼には他の人生はありません。
アスペルガー症候群には選択手が無いのです。
故にドロ-ンを取り上げてしまえば、彼の人生は終わるでしょう。

 

できれば彼からドローンを奪わずに、常識的に使用する方法を
親が教えてあげるべきでしょう。


親と精神科医が協力して、「ドローン」少年の生きれる世界を見出す
必要があるでしょう。

 

------------------------------------------------------------------------

 

「ドローン」少年がアスペルガー症候群だとしたら
排除したり切り捨てるのは簡単であり楽な行為ですが、意味はありません。


「ドローン」少年が生きれる世界を見出すのは困難で厄介な作業ですが、
意義のある作業でしょう。

 

アスペルガー症候群に罪はありません。
ただ脳に機能障害があるだけです。


そのため常識や社会性が欠落しているので、
周囲の人間と軋轢が生じます。

 

それを低減するため、アスペルガー症候群には常識や
社会適応性を教えていく必要があります。


手を差し出して「ドローン」少年に生きる術を教えてあげるべきでしょう。

 

 

アスペルガー症候群は外から見ても、判断できない障害です。


それ故、障害を持っている事が伝わらず、誤解を生む事がありますが
アスペルガー症候群者は決して危険な性格ではありません。


イメージとは逆に内向性の強い、心優しい性格です。悪気はありません。
大きな声や急な動きが苦手なので、静かにゆっくり接してあげて下さい。

 

------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------

 

アスペルガー症候群を理解するために◯

 

【社会性の特性】

 

年齢相応の社会常識が身についていない、もしくは身につきにくい。


人の気持ちを表情や仕草から読み取ったり、相手の立場に立って

考えることが難しい。 

 

【コミュニケーションの特性】

 

会話の際に、独特の難しい表現をして相手に意味がなかなか伝わらない。


相手に意味が伝わらなくても、会話をどんどん進めてしまう。


また、文脈を読めずに的外れな応答になってしまう事が多い。

 

【想像力の特性】

 

先のことや全体像を想像するのが苦手であるために、
予定や一定のやり方が変更されることをとても嫌がったり、
規則にこだわったりする。


どのような状況でも、マイルールが最優先される。

 

------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです