沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

翁長県知事の命令か?なぜ那覇市は「龍柱」建設にこだわるのか?

 

 

これは中国の領土を示す「龍柱」が

なぜ那覇市にたくさん

建設されるのかという話

 

----------------------------------------------------------------------

 

那覇市議会の予算決算常任委員会は、那覇市若狭緑地で建設が
中断している龍柱の完成に向けた事業費1億296万円の
補正予算案を賛成多数で可決しそうだ。

 

一括交付金事業としてスタートしながら大幅減額され、
断念を繰り越しも案件を復活させ、市の負担額は
当初予定の4倍に膨らんだ。

 

当然この意味不明の「龍柱」建設には、交付金の使い方を疑問視し、
市民からは批判の声も上がっている。

 

----------------------------------------------------------------------

 

それでもなぜ、那覇市は中国の領土を示す「龍柱」建設にこだわるのか?
なぜ中国皇帝のシンボルを那覇市に建設するのか?
そもそも、誰のために建てるのか?

 

答えは簡単だ。

 

好中派の中国大好き・中国犬・翁長県知事が、那覇市長時代に
始めた事業で、完成させなければ、中国に対し面子が立たないからだ。

 

----------------------------------------------------------------------

 

現実的には、一括交付金2億5400万円のうち材料費と製作費に
計1億6600万円は中国企業に支払われる。

 

ここ注目!!一番利益の上がる部分を中国企業に発注!!

 

翁長県知事は国民や那覇市民の血税を、中国に献上したいのだ。
十分な議論も尽くされぬまま始まった「龍柱」建設だが
これは翁長くんの独断による中国への「手土産」だ。

 

----------------------------------------------------------------------

 

だからどんなに批判が出ようが、市の負担額が当初予定の4倍になろうが
完成させなければならない事業なのだ。


翁長くんは県民のことなど基本的にどうでもよく、中国との関係が
気になるのだ。

 

こんな人間が県知事をしている沖縄県を簡単に信用してはいけない。
基地建設反対運動も怪しいものだ。

 

沖縄返還後、政府が投じた沖縄振興予算は累計11兆円に及ぶ事を
軽く見てはいけない。

 

日本国民が大変な思いで税金を払っているのに、
それを当たり前のように中国に貢ぐのが、
翁長県知事の正体だ。

 

----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです