沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

イルカを食べる人々

 

◯イルカは誰のモノ?

 

昨年、ケネディ元駐日米大使が「イルカの追い込み漁の非人道性」と
発言したことに対して、和歌山県知事は「われわれは牛や豚の命を
奪って生きている。イルカだけ残虐だとするのは違うのではないか」と
反論しました。

 

そして安倍首相も「それぞれの国、地域には祖先から伝わる様々な生き方、
慣習がある。当然、そうしたものは尊重されるべきものと思っている」と
反論しました。

 

沖縄もイルカ漁をやっていた場所なので決して無関係ではないので、
個人的な意見を言わせてもらうと、どちらも一見正当なのですが、
基本的に人間とコミュニケーションをとれる動物を殺害するのは
いかがなものかと思います。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

いくら伝統的な漁法とはいえ、すでに時代は21世紀。
いつまでも因習に囚われている必要もないでしょう。

 

シーシェパードのようなCRAZYな活動には反対しますが、
イルカ食べなくても生きていけるでしょうと単純に思います。


イルカの血で真っ赤に染まった海を想像してみてください。
そんな海は見たくないでしょう。

 

そして最後にに言っておきたいことは、イルカは人間の所有物ではない
と言う事です。


これは鯨にしても同じ事。


そろそろ人類は目覚めないといけない時期にきていますよ。


-----------------------------------------------------------------------------------------

 

追記

 

日本ではイルカを殺して血の海になった情景は、オープンで報道されるが、
アメリカのイルカ屠殺場は非公開で、密室で行われているので内容を
知ることはできない。

 

ケネディ元駐日米大使は日本の「イルカの追い込み漁の非人道性」を
問うと同時に、アメリカで行なわれている「イルカ屠殺の非人道性」を
問わなければならないだろう。その責任がある。

 

何度も言うようだがイルカは人間の所有物ではなく
自然界における貴重な人間の仲間なのだ。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------

 

かものはしプロジェクトというのを知りました。

 

かものはしプロジェクトとは、アジアで強制的に子どもが売られてしまう事を
防止するプロジェクトです。

 

日本発のプロジェクトで、僕は非常に関心を持ちました。
関心を持たれた方・詳細を知りたい方は下記を参考にして下さい。

 

特定非営利活動法人かものはしプロジェクト


〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-23-5 長谷部第一ビル402号室
TEL : 03-6277-2419 (代表) / 03-6869-7542 (サポーターキャンペーン係)
FAX : 03-6277-2519
http://www.kamonohashi-project.net/
E-mail : info@kamonohashi-project.net

 

-------------------------------------------------------------------------------

↓↓いろいろクリックしていただけると、島猫は大喜びします。
-------------------------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです