沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

フリーランス心得・その2・誠実さ

 

僕がフリーランスになったのは、人に使われるのが嫌だったからです。

自分の人生は自分で仕切りたかったからです。

 

一応、人脈つくりで、大企業に3年間在籍しましたが、

やっぱり企業って風通しが悪くて、窮屈でしたね。

 

日本のサラリーマンでは「何かを決定すること」ができないのに

気がついたし、何よりも、年功序列システムが理解できなかった。

 

------------------------------------------------------------------

 

フリーランスの最大の利点は、好きな仕事を選べる事ですね。


僕はだいたい10年ぐらいで、仕事の内容を大きく変えています。


その時点でやりたくなった事をやれるのが、楽しいですね。

 

人生は楽しむべきだというのが僕の持論なので、

フリーランスにチャレンジしたのは、自分で言うのも何ですが、

いい判断でした。


チャレンジすると、人生は楽しく豊かなりますね。

それはさておき・・・。

 

------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------

 

◯誠実さとコミュニケーション能力

 

インターネット技術の発達によって、PCと技術さえあれば

個人で完結できる仕事が増えました。


僕もインターネット技術の発達のおかげで、

フリーランスという立場にいられます。

 

インターネット技術の発達は距離・場所によるハンディを

なくしてくれました。

とてもありがたい事です。

 

そんな時代ですから、フリーランスという生き方を選ぶ人は

これから確実に増えていくでしょう。


国内のフリーランス人口は約1122万人だそうです。

 

------------------------------------------------------------------

 

さて、フリーランス心得、その二です。

 

結論から言いましょう。

フリーランスに絶対必要なのは、誠実さと

柔軟なコミュニケーション能力です。

 

誠実さと柔軟なコミュニケーション能力は、

フリーランスの肝です。

 

誠実さと柔軟なコミュニケーション能力がなければ、

仕事は受注できないでしょうし、人脈も作れないでしょう。

 

------------------------------------------------------------------

 

今の時代、仕事探しはクラウドソーシングやSNSなどの利用で

行ったりしますが、最終的には人と人の話し合いです。

そこでは誠実さがあなたを助けてくれます。

 

多くのフリーランスは、立ち上がりで失敗しています。

最初からは上手く行かないでしょう。どうぞ失敗してください。

しかしその失敗が明日への糧になります。

 

そして現実の厳しさ、準備不足の厳しさを肌で感じてください。

失敗は成功のもとです。恐れることはありません。

僕も何度も失敗を経験しましたが、復活できました。

 

------------------------------------------------------------------


コミュニケーションのこつは、相手の立場も考えて

誠実に交渉する事です。自己中心的なコミュニケーションは

意味がありません。

 

しかし交渉相手には、自己中心的な思考回路の人も多いので、

柔軟に対処するか、それが不可能と感じたら

交渉を止めて、身を引きましょう。


現実には、引き際が肝心な場合もあります。

 

最後にもう一度言います。

誠実さはなかなか相手に伝わらないかもしれませんが、

見ている人は見ています。あなたをしっかり評価しています。

誠実さは必ずあなたを助けてくれるでしょう。

 

------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです