沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。僕は発達障害・自閉症・アスペルガー症候群の味方だよ。

何年待ってみても僕ら宇宙の暇人だろう

 

Go to sleep and dream again

Soon your hopes will rise and then

From all this gloom life can start anew

And there'll be no crying soon

 

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------

 

ジミントーのキシダくんが、


「円安メリットを生かす海外展開を考えている

中小企業、さまざまな企業、合わせて1万社を

支援していく」と表明した。

 

オイオイ、そんなことをする暇があるなら、

日本中にある大量の「円安で苦しむ会社」を

救済することに全力を費やすべき方が先だろう。

 

結局キシダ政権は、

「強きを助け、弱気をくじく」

ロクデナシ・クズ政権だ。

 

自分に有利になりそうな有力者・

有力企業のために税金を使い、

その他は排除か・・・。

クズだな。キシダは。

 

-----------------------------------------------


さらに日本政府は国民年金「納付45年に延長」案を

出してきた。


実施されれば、現行の20歳以上60歳未満の40年間から、

5年間の延長となる。


オイオイ、そんなに国民をいじめるなよ。

普通、それは「詐欺」と言うんだよ。

 

-----------------------------------------------

 

キシダくん。

オマエたちって、

まるで他人事のように事を進めるな。

 

オマエたちの目には、

苦しんでいる国民が見えないかい?

 

不景気時には政府負担を増やして、

家計を支えるべきという当たり前の事が

理解できてないね。

 

本当にロクデナシ・クズ政権だな。

 

-----------------------------------------------

 

そりゃあ、こんな政治家ばかりみていると

白けてくるよね。

 

若い人たちだって、

政治に無関心になってしまうだろう。

 

オレは、それが怖いんですよ。

朱に交われば赤くなる。

時代が悪くなれば、人も悪くなる。

 

だからオレはロクデナシ・クズ政権の

ジミントーを叩き続けるのですよ。

 

-----------------------------------------------

 

そしてはっきり言っておこう。


これも全て、キシダ政権を信任した

バカ国民のせいだ。


思考停止のバカ国民よ。

いい加減に目を覚ませ。

 

おまえ達が若者の未来を

奪っているんだ。

 

 

オレはマジで、キシダ政権を信任した

バカ国民と、同じ空気を吸うのもイヤだよ。

 

思考停止のバカ国民よ。逝ってくれ。

 

そして旧統一教会に犯され

たジミントーよ。

 

分裂しろ。旧統一教会と共に消え去れ。

 

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------

人生は儚い

 

先日、友人たちと徹夜でキャンプファイヤー

楽しんだ。

 

パチパチという木の爆ぜる音を

一緒に聞いているだけでも楽しい。

 

子供たちも眠そうな目をさすりながら、

最後まで参加していた。

 

ああ、人生はなんと美しいのだろう。

そしてなんと儚いのだろう。

 

 

隠居してます

 

オレは現在、隠居状態だ。

 

40数年フルに労働しての、

堂々たる隠居戦士だ。

 

FIREなどという中途半端な人間とは

一線をかしている。

 

オレはFIREなどという中途半端な事はしない。

 

労働は最高の遊びであり健康法だ。

労働者万歳。

 

-----------------------------------------------

 


現在直接仕事はしていないが、収入はある。

 

オレ自身は200歳まで生きても

金欠にはならないだろう。

 

なぜお金がほしいかというと、理由がある。

恩を返すためである。

 

-----------------------------------------------

受けた恩は忘れない

 

かってオレが恩を受け、

かつ本人が後期高齢者になり

少ない年金収入だけで生活している恩人に

一定のお金を毎月送っているのだ。

 

東京に5人、京都に5人いる。

 

オレは受けた恩は忘れない。


そして受けた恩は現世で

返せる分は返すつもりだ。

 

お金で返すのは、

もっとも効率の良い方法だから

お金を使っている。

 

-----------------------------------------------

 

もちろん、お金が全てではない事は知っている。

 

お金がなくても幸せに生きられる人もいるし、

何が幸せなのかはその人の価値観による。

 

でも、お金があるからこそ、

不安から解放されて自由に生きられたり、

 

自分が興味を持っていることに

集中できたりする側面もあると思う。

 

お金は、

自由に人生を楽しむための手段の一つだ。

 

-----------------------------------------------

 


そして受け取る側は、

素直に受け取らなければならない。

 

オレたちの間には、遠慮とか見栄とかの

くだらない感情は無い。

 

これは単なる金の受け渡しではなく

それ以上の意味があるのだ。


わかりやすい言葉で言えば「愛」だ。

オレは人の笑顔が見たいんだよ。

 

-----------------------------------------------


例えば故マザー・テレサの病院に

寄付する行為も「愛」だ。

それと同じだ。

 

言っている意味はわかるだろうか?

 

他人を大事にする事は「愛」なのだ。

 

そして他人や仲間を大事にしなければ、

自分も幸せにはなれないだろう。

 

-----------------------------------------------

スモールビジネス


さて、その収入源だが、今大流行の「株」も

そのうちの一つだ。


が、「株」に関しては語る気はない。

 

あんなものはイーロン・マスクのような

大富豪の気分一つで上下してしまう

つまらないお遊びだ。

 

自分の意志を反映できない事に、

人生をかける気にはなれない。

 

-----------------------------------------------

 

収入源は、

1・沖縄コーヒー大統領大作戦

2・沖縄蜂蜜大統領大作戦

3・ヒ・ミ・ツだよ。

4・ヒ・ミ・ツだよ。

 

現在4本の手が伸びている。

オレの手は長い。

 

1と2はマスコミに取り上げられてしまったので

発表してみた。

 

オレは基本的にマスコミと関わるのは

ゴメンなタイプなので、


マスコミに取り上げられてしまったのは

大失敗だと思っている。

 

-----------------------------------------------

 

変なタイミングでマスコミに取り上げられると、

予定が大幅に狂い、業務に支障が出るのだ。

 

マスコミが連れてくるのは、興味本位で

バカな消費者だけだ。

 

それと、ものまね競争相手が出てきて、

その競争相手が低レベルの商品を出すため

商品の価値が下がってしまうのだ。

 

-----------------------------------------------

 


まあ今回は、若い衆が宣伝になると思い

マスコミと接触してしまったのが原因だ。


悪気はないのだろうが、

経験不足ゆえの失敗なので、1度は許す。

が、2度目の同じ失敗は許さない。

 

いや、違うな。

経験になる失敗は許すというより、して欲しい。

 

七転び八起きが理解でき、実行できれば、

かなり楽しい人生を送れる。

 

-----------------------------------------------

 


マスコミと関わるにはタイミングを測って

慎重に関わる必要がある。

 

初期の段階で関わるのはご法度だ。


先程も書いたが、興味本位で集まってくる

クズどもへの対応が面倒だ。

 

商品自体が独立し、消費者に浸透した時点で

マスコミに関われば、それがブースターとなり、

売りあげUPに繋がる。


が、無理してマスコミと関わる必要もないというのが

オレの意見。

 

もはやマスコミなど不要。

 

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------

勉強は楽しい

 

さて、スモールビジネスとは言え

収入がある事は、人生の余裕に繋がる。

 

で、その余裕の人生で

今、何をしているかといえば、勉強だ。

 

勉強は楽しい。

勉強を楽しいと思わない人間は不憫だ。

 

-----------------------------------------------

 

オレは小学生の頃に、勉強=知識の入力・蓄積は

金になる事を学んだ。

 

さらに「お金を儲けるにはお金が必要」と

理解した。

 

それ以来、お金になる勉強は大好きだ。


が、お金になりそうにない学問はスルーしてきた。

だから知能的にはイビツかもしれない。

 

-----------------------------------------------

 


人生で特に驚いたのは、大企業に務めると

技術的な勉強ができて、お金まで貰えた事だ。

 

ああ、オレは、スーパー・レトロ・

コンピュータ・エンジニアだ。

 

だから40年前流行りだした

コンピュータ技術を学びながら

お金までもらえるのは天国だった。

 

そしてここでも、勉強=知識の入力・蓄積は

金になる事を学んだ。

 

勉強は確実に金になることを身をもって

体験した。

 

catpower.hatenablog.com

-----------------------------------------------

勉強をしよう


だからオレは若い人には勉強を進める。


興味のある事を勉強すればいい。

 

興味のある事は、

あっという間に蓄積される。

 

そして若ければ若いほど、

その知識を長いこと使える。

 

これは素晴らしいギフトだ。

 

それに勉強できる事は幸運な事だ。

世界では学びたくても学ぶ場所がない

人間がいっぱいいる。

 

-----------------------------------------------

 

勉強をすると、自分が無知である事を

知る事ができる。

 

自分が無知である事を知るのは幸いだ。

なぜなら勉強への動機づけになるからだ。

 

無知自体に善悪はない。

ただし無知を続けるのは不幸だ。

 

よって自分が無知だと知ったら、学べば良い。

学ぶことで無知は消え去り、

代わりに自分に知識が加わる。

 

-----------------------------------------------

アニメは中学で卒業しろ・そして老後に楽しめ


はっきり言って、20歳を過ぎても

アニメなどに心を奪われている人間は

貧困層に落ちるだろう。

 

アニメなど何時間見ても、

何の知識も身につかない。

時間の浪費だ。

 

そして若い時にした時間の浪費は

老人になった時に、

その身に跳ね返ってくるだろう。

 

その時に知識の有能性に気づいても

時すでに遅しだ。

 

-----------------------------------------------

 

アニメを見るなとは言わない。

が、中学でアニメは卒業した方がいい。

 

中学ぐらいでは、アニメが話題になる事もあるだろうから、

仲間はずれにされないためにも、見る必要性がある。


が、中学を卒業したら、アニメも卒業した方がいい。

 

-----------------------------------------------

 

第一、大人になって

アニメに夢中だなんて

気持ちが悪いだろう??

 

(まあ一部例外的なアニメはあるとは思うが・・・)

 

それに何より、知識の集積化が行われず、

ポンコツな大人になるだろう。

 

最も、アニメを見るから

ポンコツな大人になるのか、

 

ポンコツな大人だから

アニメに執着するのかは知らないが・・・。

 

-----------------------------------------------

 

まあ一般に、勉強しろと言っても

勉強はしないだろう。

 

勉強をしない大人が、子供に勉強しろと言っても

効果がないのは当たり前だ。

 

ますは大人が勉強しろ。

そうすれば子供はついてくる。

 

子供は元々、大人より可能性はあるのだから

可能性を広げてやるのは大人の仕事だ。

 

-----------------------------------------------

 

それにしても日本の大人は一部をはぶいて

本当に勉強しませんよね。

 

オレからすると、勉強しない大人は

無責任だと思うよ。

 

せっかく世界的に勉強に有利な

日本という国にいるのに、

勉強しないなんて信じられない。

 

だから何十年も生きていて、

国際語である英語も喋れないんだよな・・・。

 

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------


という事で、最近オレが読んでいる本を紹介しよう。

知識を武器にして、

一度しかない人生を楽しんでほしい。

 

 

 

 

内容は語らない。

オレは小学生じゃないんだ。

感想文など書かない。

 

しかし、どの本も「熱量」は高い。

あなたの人生の、役に立つだろう。

 

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------

 

追記

 

読書は効率良く知識の蓄積・アップデートができる

優れた手法だ。

読書をしない人間・できない人間は不憫だ。

 

ところでオレは、今後フィクション系は

読書対象から外すことにした。

 

なぜなら途中で結末が読めてしまうからだ。

日本の小説家も力が落ちたと思う。

マンネリだね。

 

それとオレは、もう50年以上本を読んでいるんだ。

下手な小説家の思考パターンなど

見破ってしまうのさ。

 

-----------------------------------------------

 


オレは小学生の時に、日本の文学を

作者あいうえお順に読もうと思った。

 

そして最初に魂を鷲掴みにされたのが

あ行にいた、安部公房だった。

 

そしてそれ以降、40年以上小説は読んだが、

安部公房を超える大嘘つきは現れなかった。


安部公房は見事にオレに大嘘をつき

毒を飲ませてくれた。

 

 

 

-----------------------------------------------

 

その後にあらわれた村上龍は、デビュー作こそ

リアルで緊張感があったが、2作目以降は

 

ハリウッド映画の脚本みたいになってしまい、

がっかりした記憶がある。

 

近年では村田沙耶香がオレに毒を飲ませてくれる

可能性を感じたが、マスコミが妙に持ち上げるせいで

軸がブレてきたようだ。

 

残念だ。

 

村田沙耶香は日本を出て、日本のマスコミが来ない

落ち着いた海外で長編を書いてほしい。

 

そうすれば、いつか再び、

オレに毒を飲ませられるだろう。

 

Someone please numb me.

 

 

 

-----------------------------------------------

 

話がずれた・・・。

 

今のところフィクション系小説では、

安部公房が圧倒的に頂点だ。


安部公房以上の天才が現れるのは

いつになるかわからないし、

現れないかもしれない。

 

-----------------------------------------------

 

という事で、今後はあまり読んでこなかった

ノン・フィクションやドキュメンタリー系を

読んでいこうと思う。


どんな世界にオレを連れて行ってくれるか

楽しみだ。

 

まだまだ読みたい本は山のようにある。


が、オレの残された時間は明らかに少ない。

折り合いをつけて、読書をしていこう。

 

-----------------------------------------------

 

人生はわずか4,200週間しか無い。

 

やりたいことを即座にやって、

笑いながら楽しく死を迎えよう。

 

死は必ずやってくる。

万人に公平に与えられたギフトだ。

 

オレは後悔する事なく、死んで見せよう。

 

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------

 

Don't worry.

ignorant old men.


I don't expect anything from you.

I just want you to be bulletproof.

 

From the Japanese Imperial Army

to the ignorant old men.

 

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------

  •