沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。僕は発達障害・自閉症・アスペルガー症候群の味方だよ。

教育・今年も一族の小学生に、プログラミング教育を行ったよ


Nightwish - Élan (OFFICIAL VIDEO)

 

今回はメタルと言うより、ポップス寄りです。

 

ああ、フロール・ヤンセンのキュートな歌声で

ノックアウトされたよ。

 

ほら、途中で某ジョニー・デップにそっくりな奴が

キーボード引いているでしょう。

 

彼がNightwishのリード・ソングライター及び

キーボーディストのツォーマス・ホロパイネン。

 

海賊っぽい格好したら多分、ジョニー・デップ

見分けつかないかもね。

 

はっきり言って、ツォーマス・ホロパイネンは天才だよ。

天才の証として、たまに暴走するんだよね。

 

それ故に、彼は僕に希望と失望を投げつけてくる。

ヤレヤレ。天才は厄介だよ。

 

 

プログラミング教育

f:id:catpower:20200831142625j:plain

 

今年も一族の子供達に

僕がプログラミング教育を行った。

 

プログラミング教育と言うよりは

コンピュータ学習会だ。

 

去年行った、僕のプログラミング教育が

評価されたのだろう。

 

いや、すごく評価された。


おかげで無償で500坪の土地を貸してくれた。

そこに、終の棲家を建てたよ。

 

これだから人生は面白い。

 

-------------------------------------------------------------

 

実際去年教えた子どもたちは、

自分で課題を作り出し、

その課題をプログラミングで解決する

スキルを身につけている。

 

そしてお互いに課題を出し合い、

その課題をプログラミングで解決する

スキルを身につけている。

 

さらに教えていないのに

自分で調べて、パソコンを自作している子供もいる。

 

小学生でこのレベル!!

凄いな。子供の能力は。

 

-------------------------------------------------------------

 

子どもたちと一緒に勉強すると

感動する事が多いです。

 

それだけに子どもたちに

惜しみなく教育費をつぎ込む

一族の長老たちには頭が下がります。


そして長老たちには、子供達に、僕の持っている

技術を伝えるという機会を与えてもらえて、

感謝しています。


新しい事にチャレンジするのは楽しい。

 

-------------------------------------------------------------


最初に言っておきますが、日本的な「家」とか

「血縁」単位の行動は嫌いだ。

 

あくまでも僕は「個」として存在したい。

「世間体」や「他人の目」など◯◯くらえだ。

 

が、大人になって学んだよ。

「長い物には巻かれろ」という事もね。

 

余計な軋轢を生むのもバカバカしい。

でも、巻かれ放しにはならないけどね。

 

ああ、大人になったな僕は・・・。

だってもう還暦だもんな!!

60だぜ。Baby.

 

-------------------------------------------------------------


さて今年は対象者は16名。小学3以上小学6年まで。

 

(この一族、中学は本土の進学校に行ってしまうから

沖縄にはいない。沖縄の教育レベルは危険なほど低いから

本土で勉強するのが正解だろう。)

 


もちろん保護者も強制参加。←ここ重要。

 

保護者にも理解してもらわないと、意味がない。

保護者の意識を変えないと勉強にならない。

 

保護者には「そもそもプログラミングって何?」

という意識を持ってもらいます。

 

www.gentetsu.com

 

助け合うこと


さて今年は、コロナ対策で、完全オンライン授業。


各家庭に光ケーブルを引くのは無駄なので、

レンタルWifiで対応。

 

教科書代わりに、僕特製の「楽しく基礎から学ぶコンピュータ」

300Pを配布。

「楽しく」っていうのが大事ですね。

 

理解できなかった部分は、自分たちで助け合い

学びあう方式。

 

-------------------------------------------------------------

 

わかりますか。

 

これからの日本人は助け合っていかないと

生きていけません。

それだけ厳しい環境になります。

 

助け合うこと。

それが生きていく上で重要なポイントです。

 

-------------------------------------------------------------

 

「助けて欲しい」と言葉にするのも

大事な表現です。

 

遠慮する事はないのです。

 

「助けて欲しい」時は「助けて欲しい」と

言えばいいのです。

 

「助けて欲しい」と素直に言える人間は

生き延びるでしょう。

 

そして他の人間を助ける立場になるでしょう。

  

-------------------------------------------------------------


もっとも、僕が教える子どもたちは

将来的には日本を巣立って世界に散らばるから、

日本が沈んでも大丈夫なんですけど、

 

それでも海外生活が楽なわけではないですから、

やっぱり助け合いは必要です。

 

-------------------------------------------------------------


で、僕は基本的に詰め込み教育方式です。

 

最初に詰め込んでおいて、引き出しを作り、

後々その引き出しから情報を取り出し応用

してもらう方式です。

 

詰め込みという表現が気になるならば

積み上げ方式でもいいかな?

 

例えれば家をたてるのと一緒です。

家は基礎が大事でしょう?

だから基礎をみっちり勉強します。

 

-------------------------------------------------------------

いかに学ぶかを学ぶ

 

そして、あくまでも自分で応用してもらいます。

それでも「???で疑問がある場合」は相談にのります。

 

プログラムを書くこと自体は些末な話です。

 

大事なのは答えを単純に出す事ではなく、

???をだすことなのです。

???を出せる子は自然に伸びていきます。

 

-------------------------------------------------------------

 

知識の内容は目的ではなく手段であり、

いかに学ぶかを学ぶことが重要なんです。


大事な点なのでもう一度言います。

いかに学ぶかを学ぶことが重要なんです。

 

いかに学ぶかを学ぶことが重要なんです。

 

言い換えれば、教育とは、魚を渡すのではなく、

魚の釣り方を教え、学ぶことが大事なんです。

 

 

この辺を学校の先生は理解していません。

 

-------------------------------------------------------------


だから日本の教育は型にはめ込んだ人間しか

作り出せないのです。

 

どんなに有名な学校だろうと、

同じ人間の大量生産が得意なのが

日本の教育ですね。

 

そして、大量生産品の一部であることに、

安心するのが日本人の特性。

 

そのせいで、もはや世界からは遅れています。

プログラミング教育もスタートが20年遅い。

 

独創的なIT企業が生まれる下地は日本には無いです。

 

-------------------------------------------------------------

 

そんな日本で「学歴」を自慢しても

何も生まれません。

 

「学歴」を自慢しても「Google」も「Microsoft」も

Apple」も創業出来ないでしょう。

 

それどころか「学歴」を自慢しても「Google」にも

Microsoft」にも「Apple」にも入れないでしょう。

 

-------------------------------------------------------------


もはや 「学歴」などは過去のもので、

世界に飛び出す人間には関係ありません。

 

世界では日本式の「学歴」は通用しません。

 

未だに「学歴」を自慢する人間は滑稽です。

他に自慢できるスキルが無いのでしょう。

 

www.gentetsu.com

 

長考するのもアリかもしれない

 

そして興味深いのは、今年は長考(熟考)タイプの

子供がいるんです。

 

小学生で長考するんですよ。びっくり。

そしてユニークな結果を出してくる。

 

僕のコンピュータ・エンジニア歴40年を持ってしても

ユニークな思考・回答です。

 

僕は今まで、10分考えても分からない事は

分からないだろう・・・と思っていたので、

この長考タイプの登場は嬉しかったです。


だって僕の常識を打ち破ってくれたのですから。

 

-------------------------------------------------------------

 

さて、この長考タイプの少女は、どのように

育っていくのでしょうか?


ものすごい可能性を秘めている気がします。

 

僕とは全く違う思考パターンを持っているので、

僕以上の可能性を持っていると思います。

楽しみ。


-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------


追記

 

教育する事は、教育される事ですね。

教育は相互の信頼関係なのですね。

僕にとっても新しい、新鮮な出来事です。

 


老後は「不登校」という選択をした人間を対象に

寺子屋でも開こうかな・・・。

 

ほら、「不登校」って、見事な選択じゃないですか。

 

大量生産のレールを外れて自立した優秀な人間と、

共に学んでいきたい。

 

まだまだやりたい事は沢山ある。

なんと楽しい人生だろう!!

 

前回書いたけど、「陶芸」の才能はありそうなので、

「陶芸」は最後の遊びとして 、やりますよ。

ハハハー。

 

-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです