沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。僕は発達障害・自閉症・アスペルガー症候群の味方だよ。

エドワード・ヴァン・ヘイレンの夜

f:id:catpower:20201008001222j:plain

 

僕のギターヒーローが永眠した。

エドワード・ヴァン・ヘイレン 65歳。

 

「ライトハンド奏法」で一世を風靡した

ギタリスト。

 

エディは僕にとって、

最も偉大なギタリストの一人だ。

 


Van Halen - You Really Got Me (Official Music Video)

 

1978年の、あまりに衝撃的なデビューの記憶。

忘れる事はできない。心に刻印された衝撃。

本当に残念だ。

 

ヴァン・ヘイレンサウンドを初めて聞いた時、

これはなんだ?と震えるほどの衝撃を受けた記憶。


忘れる事はできない。

本当に残念だ。

 

-----------------------------------------------------------


それと亡くなった年齢だ。

僕は現在60歳。

エディは65歳で亡くなった。


非常にリアルだ。

若すぎる死だ。

 

僕にはあまりにも若すぎる死だと、リアルに感じるが、

30-40代では感じ取れないリアルさだろう。

 

僕とたった5歳違いで亡くなった

ギターヒーローを思う時、

他人事とは思えない。

 

www.gentetsu.com

-----------------------------------------------------------

 

パコ・デ・ルシアが66歳

ロニー・ジェイムス・ディオが67歳

デヴィッド・ボウイが69歳

プリンスが57歳

フレディ・マーキュリーに至っては45歳

 

多くのアーチストが60代、もしくは

それ以前に死亡している。

なんと短命な事だろうか!!

 

さっきも書いたが、60代で死亡するという話は

60歳の僕にとっては、リアルだ。


生命体として存在できるのが、後10年のような

気がしてくる。

 

-----------------------------------------------------------

死は恐れるべき事ではない


いや、死が怖いわけではない。

死を迎えて無になる事が、怖いわけではない。

 

逆だ。

 

死は誰にでも平等にやってくる恩寵だ。

恐れる理由は何もない。

ただ受け入れればいいだけだ。

 

死を否定しても動揺しても、

意味はない。

ただ受け入れればいいだけだ。

 

-----------------------------------------------------------


ただしだ。


残り時間が10年と思うと、

どのように生きるのが僕らしいのかと

深く考えてしまうのだ。

 

生は有限だ。

何もかも全てができるわけではない。

 

しかしチャレンジしたい事は多々ある。

そして残り10年は短いよ。

せめて20年は欲しいなと思うのだ。

 

-----------------------------------------------------------

人生は即実行か即捨離

 

しかし明確な答えは出ない。

それはそうだ。


人生に答など無い。

天寿を全うすればよいのだ。


毎日を真剣に生きる・・・。

今できることは、今実行する。

 

そう。後回しに出来る事など無いのだ。

 

即実行が、人生だ。

あるいは即捨離が、人生だ。

 

とすると、毎日を真剣に生きる事が

僕なりの生き方だろう。

 

www.gentetsu.com

-----------------------------------------------------------

 

今は、少年時代ギターキッズだった僕の、

ギターヒーローエドワード・ヴァン・ヘイレン

亡くなった事で、あきらかに動揺しているようだ。

 

この動揺を乗り越えて、

人生を生きていくのが、

生者のするべき事だ。

 

僕は僕だ。記憶ではない。

まだ生きている。

死が訪れるまで、踏ん張って生きよう。

 

-----------------------------------------------------------

 

病気と闘ってきたエディ。


ロック界、そしてギタリストを目指す

若者たちに多くの影響を与えましたよね。

 

僕も大いに刺激され、影響を受けましたよ。

それは素晴らしい経験。


ありがとうございました。エディ。

ご冥福をお祈りいたします・・・。

 

 

f:id:catpower:20201008001039j:plain

改造に改造を重ね、フランケンシュタインと名付けられた

エディのストラトキャスター

 

 

また会おう。僕のトリックスター


追記

 

子供時代にロックキッズ、ギターキッズであった

僕にとって、ロックスター、ギターヒーロー

死は、かなりの衝撃で困惑する。

 

僕が一方的に憧れて、コンサート以外では

会ったこともない人たちだけど、

なぜだか深く悲しい。

 

フレディ・マーキュリーとプリンスは、

直接会って、話をした事があるよ。)

 

-----------------------------------------------------------


やはり少年の時代の想いは、深く激しい。

 

思い出すよ。

 

少年時代の激しい感情、

社会に対する苛立ちを受け止めてくれた

ロックスター、ギターヒーロー

やはり僕の宝物だ。

 

暴走気味の精神は、彼らがいたからこそ

暴走せずにいられた。

彼らがいたからこそ、今の僕が在る。

 

-----------------------------------------------------------

 

暴走したいなら、

暴走族になればよかったって?

冗談きついぜ。

 

僕はあんな下品な行為で満足できる人間ではない。

群れなければ何も出来ない人間とは違うんだ。

僕はロッカーなんだぜ。

 


おやすみ。僕のロックスター達。

おやすみ。僕のギターヒーロー達。

また会おう。僕のトリックスター達。

 

-----------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------- 

沖縄関連の人気ブログはこちらです