沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

「トロッコ問題」を小学生に問いかける教育界は異常

f:id:catpower:20191009050339j:plain

 

少し前「トロッコ問題」というのが流行っていた。

 

「ある人を助けるために、他の人を犠牲にするのは許されるか?」

という倫理学の思考実験だ。

 

ここで言うトロッコは、路面電車を指しており

制御不能で猛スピードで暴走しているというのが前提。

 

-------------------------------------------------------------

 

いろいろな回答があるが、全て無意味

 

みんなが色々なアイデアを出している。

それはいいだろう。

 

しかし、基本的に、

「なぜこんなことを考えなけばならないのか?」

「こんなことが将来役に立つのか?」

という疑問はわかないだろうか?

 

この「トロッコ問題」という問いかけは、

学問に関係するのだろうか?

人間性を確かめるための問いかけなのだろうか?

 

-------------------------------------------------------------

 

行き着くところ、どんなアイデアを出したところで、

実際の答えは「なるようにしかならない」だろう。


いや、それさえも答えにはならない。

 

想像はできても、実際の結果は、

誰にもわからないという事だ。

 

-------------------------------------------------------------

 

「トロッコ問題」の本質


僕のような秀才からすれば、「トロッコ問題」は

単なる言葉遊び、あるいは思考遊びに過ぎない。


要するに、問いかけ自体が間違っているのだ。

 

この「トロッコ問題」という問いかけの本質は、

答えを出すことではなく、

問いかけ自体が間違っている事に気づく事なのだ。

 

言っていることは分かるだろうか?

世の中には、答えの必要がない問があるのだ。

 

-------------------------------------------------------------

 

 

小学生に問いかける教育界は異常

 


そもそも「トロッコ問題」が学校で提示されることに

問題があるだろう。


小学生に問いかける教育方針は異常だ。

 

「心理教育プログラム」などは、学校教育において

従順な奴隷を大量生産するための危険なプログラムだ。


奴隷という言葉が気に入らないならば、規格品でもいい。

 

-------------------------------------------------------------

 

心の専門家などいない

 


校長は「心の専門家による授業なので任せて、

確認を怠った」と確認不足を認めたそうだが、

日本では「心の専門家」とか「カウンセラー」とか

精神科医」という肩書を持った人間は

胡散臭い人間が多い。

 

世の中、未熟な精神科医だらけだ。

精神科医の80%はクズだろう。

 

 

「心の専門家」「カウンセラー」に至っては100%クズだ。

信用してはいけない。

 

-------------------------------------------------------------


「心の専門家」よ。

 

キミに問おう。


心とはなんだ?

何処にあるのだ?


他人の心をどうやって心底理解するのだ?

そして、何をもって理解できたと判断するのだ?

 

この簡単な問いに答えられるだろうか?

まあ、まともな答えは帰ってこないだろう。


世の中、心を理解できる専門家などいないのだ。


それを知っていて問いかけた私が意地悪だった。

 

-------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです