沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

日本の美術界は障害者に厳しい

f:id:catpower:20190314211410j:plain

 

シャー!! ←わかる人にはわかる(^^)

 

ようやく現実感を取り戻せた。

全てOKだ。

 

エネルギーがマイナス方向に向かい、

マイナスのレッドゾーンに入った。

しかし、それは幸運なことだ。


マイナス方向の限界値に達したならば、

もうマイナス方向には進めない。


次にエネルギーはプラス方向に向かっていく。

いつものことだ。全てOKだ。

 

よし、発達障害者の支援を続けよう。

沖縄ではまだ、いや、まったく認識されていない発達障害だ。

少しでも先に進めるように、行動しよう。

 

--------------------------------------------------

 


◯日本の美術界は障害者に厳しい

 


さて、源哲の個展に向けてレンタルギャラリーを探しているが

なかなか良い返事がもらえない。

 

正直に自閉症スペクトラム障害だと伝えているのですが、

自閉症」という単語が出てきた段階で断られるケースが多い。

 

----------------------------------------------------------

 

40店に1店ぐらいはOKが出るのですが、

その次は集客力のない新人という事でNGくらう。

 

なんと日本の美術界は不寛容なのだろうか。

ちょっとビックリ。

 

誰でも最初は新人だろう。

お前たち頭がオカシイよ。

 

道理で若くして才能あるアーチストが

日本では芽を出さないわけだ。


こんなに閉鎖な世界では、

可能性自体が潰される。

 

----------------------------------------------------------

 

2億諭吉出してギャラリーごと

買い占めてやってもいいのだけれど、

それじゃあ遊びとして成立しないし、楽しくない。

 

人生は楽しい遊びだ。なるべく無粋な手段は使わず

優雅に苦労して遊びたい。

 

金などは天下の周りものだ。

僕の場合は宇宙銀行の口座を持っているから

何の心配もない。

 

----------------------------------------------------------

 

とはいえ、この件は十分想定内で覚悟をしていた。

 

30年ほど前、油絵を描いていた友人は、

自分で描いた作品は全て否定され、画廊によって

売れる作品のみを書かされていた。

 

自分の絵はかけず、画廊の指示する

売れる絵のみを書いていた。


もちろんその友人は筆を捨て、

絵画から陶芸の世界に移り

カナダに移住し、大成功をおさめた。

 

彼の陶芸作品は研ぎ澄まされた日本刀のように美しい。


大成功したのはとても嬉しい。

友人が成功するのは嬉しいね。

 

----------------------------------------------------------

 

さらに30年前、彼に聞いたところによれば

日本の美術界はピラミッドのような階層があり

親分子分の世界だと言っていた。

 

要するに金によって、子分が親分から◯◯美術展の

金賞や大賞を買うのだそうだ。

 

狂っているでしょう?

そう、日本の美術界は狂っているし、腐っている。

 

----------------------------------------------------------

 

基本的に日本は芸術が理解できないダメな国なのだ。

芸術=商売の種なのだ。

 

いや、商売の種なのはいいのだけれど、

あまりにも閉鎖的で狭い世界。だからクズ社会なのだ。

 

日本人ほど芸術に無関心な人種も珍しい。

先進国の中では最下位だろう。

 

----------------------------------------------------------

 

が、幸いなことに、僕たちはアウトサイダーだ。

正式な美術教育は受けていないアウトサイダーだ。

 

なんてったってアートブリュットだ。

決められたルールに乗る必要はない。

 

そう、アウトサイダーにはアウトサイダー

流儀があるのだ。


発想を転換しよう。

僕は秀才だ。

もう少し時間をくれ。

 

ほとんどの事象は、物理的かつ数学的思考で解決できる。

ルイーズ。キミもそう思うだろう?

 

----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

 

追記

 

実はこの記事は、第1部と第2部に別れていて、

第1部では過去を引きずった内容だった。

 

しかし皆さんからの励まし、心づかいを受けて

過去を断ち切ることができたので、

内容を大幅に書き直した。

 

励ましていただいて、過去を引きずったままの記事を

公開するのは、みなさんに失礼だし

僕の流儀に反するので、内容を大幅に書き直した。

 

おかげでスッキリとしました。

ありがとうございます。

 

----------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------

 沖縄関連の人気ブログはこちらです