沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

キリスト教を断捨離

f:id:catpower:20181115133807j:plain

 

先住民に「キリスト教の布教」をしようとした米国人が

先住民から多数の矢で射られて死亡したそうだ。

 

事件は、現代文明から隔絶されたインド・北センチネル島

起こった。

 

北センチネル島には、約150人の先住民が暮らしている。

独自の生活様式を保護するため、インド人も外国人も

一様に島から5キロ以内に近づくことを禁じられているそうだ。

 

また、北センチネルの先住民は、外部の者に対して

敵対的な行動を取ることで知られている。

 

--------------------------------------------------------------

 

それを知りながら、「キリスト教の布教」をしようとした

米国人は、愚かで傲慢な精神の持ち主だ。

 

一度目の不法上陸で、先住民らは米国人に向かって矢を放ち、

矢の1本が米国人が手にしていた聖書を射抜いたため、

1度米国人は引いたそうだ。

 

しかししつこく2度目の接触を試み、結局

多数の矢で射られて死亡したそうだ。

 

まさにキリスト教の断捨離だ。

 

--------------------------------------------------------------

 

キリスト教の布教者」は、最初の矢が拒絶を示しているのだから、

先住民の意思を尊重すればよかったのだ。


エゴの押し付けが、結局自分の命を失うという結果を生んだ。


それで満足な一生なのだろうか?

27才で矢で射られて死亡して、満足な一生なのだろうか?

そんなにも他者承認欲求が強かったのか?

 

相手の気持を考えず、自分の神を押し付けてくる

一神教は本当に怖い。狂気と紙一重である。

 

--------------------------------------------------------------

 

それにしても、なぜキリスト教は、自分の神を

押し付けてくるのだろうか?


答えは簡単だ。所属している宗教組織・教団に

洗脳されているからだ。恐ろしい事である。


キリスト者には神の声が聞こえるのだろう。

たとえ幻聴であろうとも、それにしがみつく。

愚かなことだ。

 

--------------------------------------------------------------

 

キリスト教の布教者」=宣教師に神の声の正体について、

教えてあげよう。


少なくともこの2,000年、神が我々に直接命じた事はない。

(神がいると仮定してだ)


仮に声が聞こえても、

それが神のものかどうか我々にはわからない。

聞いたこともない声が神の声である保証はないだろう。

それらは思考が創り出した幻聴・罠だ。

 

それが理性的な判断だろう。

神は人間になど興味はない。

 

--------------------------------------------------------------

 

最後にもう一度言おう。


キリスト教の布教者」=宣教師よ。

あなたが亡くなった事は残念だ。

しかしあなたの宗教を、私に押し付けてはならない。

 

この事件からも分かるように

キリスト神や宗教は、人を幸せにはしない。

 

 

キリスト教の布教者」=宣教師よ。

目立ったことをして、有名になろうとしてはいけない。

あなたは、他者承認欲求が強すぎるのだ。

 

キリスト教の布教者」=宣教師よ。

困っている人の役に立ちなさい。

親切の押し売りは不要だ。

 

--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです