沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。僕は発達障害・自閉症・アスペルガー症候群の味方だよ。

山ごもりをする前にやっておく大事な事

 

さて、島猫の山ごもりに関する心得を書いておこう。

沖縄で1ヶ月単位の山ごもりしたい人の参考になれば幸いです。

(そんな人いないか・・・。)

 

日本本土での山ごもりは、熊のような大型の野生獣がいるので、

猟銃でも持ち込まない限り不可能でしょう。

 

沖縄は大きくても猪なので、なんとか山ごもり出来ます。

でも猪とはいえ、気を抜くと大怪我をするので気は抜けません。

 

あと、近年は猛毒のタイワンハブが野生化しているので

注意しなければいけません。


万一噛まれたら、応急的に即毒吸いをして、即撤収して

病院行きですね。

 

------------------------------------------------------------------

 

山ごもりは、基本的には、いかに事前に危険を

排除するかが重要になります。


万全の準備が必要です。

何重もの注意を必要とします。

 

それと何よりも重要なのは、危険を察知したら

即撤収する機動力です。

 

これは命に関わります。


大げさな表現かもしれないけど、1ヶ月の山ごもりは

危険が伴います。


何が起こるか、予測不可能です。

危険を感じたら、即撤収する判断力が必要です。

 

------------------------------------------------------------------

 

◯まず最初は、入念な道具の準備

 


道具としてはサバイバル用メディカルキットは絶対必要です。

初期の応急処置はかなり有効です。

 

それと軍用サバイバルナイフや軍用ライターも絶対必要。オイルも必要。

これらは複数持っていきます。

火があれば山の中でもなんとかなります。

 

ライターは信頼のおける軍用オイルライターがいいですね。

命にかかわる道具にはお金をかけましょう。

 

------------------------------------------------------------------

 

サバイバルナイフはよく切れるように事前に研いでおきます。

 

島猫は、どんな状況でもサバイバルナイフを使えるように、

両腕・両脚にサバイバルナイフをセットします。


警察に見つかったら絶対銃刀法違反で捕まるでしょう。

見た目、危ないおっさん度1000%です。

 

------------------------------------------------------------------

 

それと体を冷やさないための服を準備します。

低体温症になるとヤバイです。


ゴアテックス素材の軍用ポンチョが便利で愛用しています。

それとポケットが沢山あるチョッキ。

 

汗をかかない程度の服を選んで着ます。

そして汗をかいたら即拭き取るようにします。

そして着替えます。冬の汗は大敵です。

あっという間に体温を奪われます。

 

あとはゴアテックス素材の靴、軍用長靴などが必要ですかね。

沖縄は軍放出品が簡単に手に入るので助かります。

 

------------------------------------------------------------------

 

◯ベースキャンプの場所は重要

 

まず、何と言っても重要なのはベースキャンプの確保。

テントを張って、焚き火をして・・・となると

最低でも10坪程度の平地が必要です

 

斜傾地は平行感覚がおかしくなってくるので避けましょう。

斜傾地は睡眠時も落ち着かない感じがして、疲労が取れません。

 

また、湿気のないところを選ぶ事も大事です。

湿気があると夜は格段に冷えます。体温が奪われるので危険です。

 

それと獣道は絶対避ける事。沖縄の場合は野生の猪が危険動物です。

 

------------------------------------------------------------------

 

次は水の確保。これはとても重要。


そばに小川があれば最高ですが、水源がない場合は

ミネラルウォーター等を持ち込む必要があります。

 

しかし1日で4リットル以上消費するので、

実用的な方法ではありません。

 

やはり水源を探して、なるべくその近くにテントを張りましょう。

水源がなければ、1ヶ月山ごもりコースは中断した方がいいです。

 

焚き火は基本的に、全国的に禁止ですが、どうしても

焚き火をしたい場合は、十分安全な場所を確保する必要があります。


島猫の場合は、直径1m程度・深さ30cmの穴を掘り

回りに石をひきつめ、焚き火場にしています。

穴を掘ることにより、少々風が吹いても火の粉が飛ぶのを防げます。

 

------------------------------------------------------------------

 

事前の準備はこんな感じですかね。

実際はもっと細かいこともあるのですが割愛。

 

後は現地で臨機応変に行動するだけです。


とにかく危険を感じたら、即撤収する事が

最も大事な事です。

 

逃げ足の早い人間が生き残るという事です。

 

------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです