沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。僕は発達障害・自閉症・アスペルガー症候群の味方だよ。

島猫の山ごもり

 

f:id:catpower:20180116090454j:plain

 

島猫は某村で山をまるごと、年間1000円で借りています。

何の利用価値もない山なので、島猫向きなのです。

携帯の電波も入りません。クリアーな世界です。

インターネットとは無縁の世界。

 

ベースキャンプとなるのは、林道をそれて、歩く事30分の

15坪ぐらいのスペース。

そばには小川が流れているので、水は確保できるので、最高の場所です。

 

(川などの生水を直接飲むのは危険です。必ず煮沸消毒するか

浄水器で浄水してから飲みましょう。)

 

ただし、島猫は過去にこの場所で、岩に頭をぶつけて

死にそうになったことがあるので、家人からの強い要請で

イリジウム衛星携帯電話をレンタルして、持ち込みます。

これでいつでも連絡はOK。安心安心。

 

------------------------------------------------------------------

 

さて、そこは島猫の秘密基地で、年に数回山ごもりをします。


家族と数人の友達は場所を知っています。

友人もたまに利用しています。

 

島猫の場合、期間は1回1週間~1ヶ月ぐらい。


今年はまだ長期の山ごもりしていないけど、

4月前には1ヶ月こもる予定。

 

----------------------------------------------------------------

 

◯島猫はなぜ山にこもるのか

 

島猫は一人になって自然を感じる時間がないと、

脳が完全疲労してしまうのですよ。

脳に思考の残骸が残ってしまい、思考停止状態になってしまう。

 

生まれた時に起こった、脳の機能障害のせいでしょう。

だから絶対一人になる時間を作ります。

脳のリセットを行うために、森にこもります。

 

------------------------------------------------------------------

 

持っていくものは

テント・ヨガマット・浄水器・簡単な薬・毒吸い器・食料など。


それと感じたことを記録しておくためのノートとボールペン。

そんなに重装備ではありません。

 

斧とかノコギリとかスコップなど、最低限の道具は

ケースに入れて現地に置いてあります。

 

後、万が一テントが破れた時の補修材として、

3Mスコッチ ダクトシールテープを持っていきます。

 

これはポリエステルメッシュ入りの強力粘着テープです。

さまざまな素材に強力に接着できるので、超便利。

 

 ------------------------------------------------------------------

 

◯焚き火は楽しい

 

楽しいのは、夜に薪を炊いて、焚き火ができる事です。

美しい星空のもと、燃え上がる炎を見ていると、心が落ち着きます。

 

揺らぐ炎は友達です。

焚き火は最高の娯楽でもあり、精神安定剤です。

 

揺らぐ炎は、何時間見ていても飽きません。

もう、気分は最高ですね。

脳がクリアーになっていくのが実感できる。

 

------------------------------------------------------------------

 

秘密基地には、基本的に何の目的も持たずに行くので楽しいです。


日が落ちて寒くなれば、さっさとテントに入り毛布等で温まります。

あるいは焚き火に火を入れて、体を温めます。

山の上は思った以上に寒いです。

 

沖縄でも山では明け方0度になる時があるので、

暖を取れるようにしておかないと危険かな。

 

寒さと湿気は体温を奪って、体力を消耗してしまうので

要注意です。

 

特に就寝時の、地面からやって来る寒さは、体が冷えて

低温症になるので危険です。体が底冷えして寝れません。

島猫は13ミリ厚のヨガマットを2重にひいて、下からの寒さを

防いでいます。

 

大袈裟かもしれないけど、そのぐらい用心深くないと

必ず危ない目に会います。

事実島猫も、初期の頃は死にかけましたし。

 

------------------------------------------------------------------

 

◯テントの夜は、ものすごく楽しいです。

 


深夜にテントの外で何かが動く気配を感じて、

ドッキリしたりしますが、

山の精霊が守ってくれます。

山には確実に何か存在します。

 

そして木々は人間のように生きています。

木々の会話が聞こえる時があります。


山は何度言っても不思議がいっぱい。

もう今からワクワクしています。


自然との対話は楽しい!!

とても素敵な空間です。

やっぱり沖縄は海あり森ありで楽しいな。

 

------------------------------------------------------------------

 

これは本当だと思う。


How trees talk to each other | Suzanne Simard

 

-------------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです