沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。僕は発達障害・自閉症・アスペルガー症候群の味方だよ。

深刻な「老人福祉・介護事業」の倒産

 

さて、「老人福祉・介護事業」の倒産が急増している。

2016年は2000年以降で最多の108件。

 

負債総額も94億600万円(前年比47.2%増)と

前年を大きく上回っている。


業種別では、「訪問介護事業」が最多の48件。


倒産の主な原因は、深刻な人手不足から

サービス提供が困難になり経営に行き詰ったパターン。

 

それはそうだろう。


あれだけ低賃金・重労働で、さらに精神的にも疲労する

仕事をしたいと思う人間はいないだろう。

深刻な人手不足になるのは、当然だ。

 

---------------------------------------------------------------

 

結局、介護報酬が低すぎるのが原因だ。


国はもっと「老人福祉・介護事業」に税金を投入すべきだ。

が、多くの政治家は見て見ぬふりをしている。

 

来年度の大改正で、更に報酬額を減らす予定のようなので

倒産件数は更に増えていくでしょう。

 

報酬額を減らして職員の給料をあげるというのは

誰の目から見ても矛盾していますし無理な話なんですよ。

 

結局、福祉・介護を喰いものにしているのは、政治だという事です。

この国は国民が政治家に食い物にされ、もうダメでしょう。

 

---------------------------------------------------------------

 

追記

 

この話は現在「訪問介護事業」に関わっている

人達だけの話ではなくて、特に若い人達にとっては、

重要な話なんだ。

 

今若い人達が老人になったときには、「訪問介護事業」は

無くなっていて、全て家族で介護するようになるという話だ。

 

この国の政治家達は責任逃れをして、老人の介護も見切って、

自分たちで介護しろという話なのだ。

 

若い人達の老後は切り捨てるという事だ。

若い人達、それでいいのか?


若い人達が政治に参加しないと、どんどんバカ政治家に食い物にされるぞ。

若い人達、それでいいのか?

 

---------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------

 

追記++

 

僕の村も「訪問介護事業」をやっているが、

ヘルパーの平均年齢が60を越している。

すでに老老介護状態である。

 

新人を募集しても、応募はない。全くない。

訪問介護」がいかに人気のない職業かよくわかる。

 

という事は、10年後はヘルパーが70歳になっており

みんな引退しており、ヘルパーがいなくなるという事だ。

 

10年以内に、この村の「訪問介護事業」は、崩壊するだろう。

 

何も考えない無能な老害村長がいる村は、

悲惨な未来を迎えるだけだ。

 

---------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです