沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

ラスベガスパニック・アメリカの銃社会

 

アメリカ・ネバダ州ラスベガス中心部で、また銃の乱射事件があった。


犯人で死亡したスティーブン・パドック容疑者(64)は

59人を撃ち殺し、527人を負傷させた。

 

地元住民は衝撃を受けているそうだが、

アメリカでは、銃の乱射事件は過去に何度も起こっている。

銃社会のアメリカで、いつかこの日がくる事を予感していたはずだ。

 

--------------------------------------------------------------------

 

乱射事件のあった翌日、銃販売店ではライフル銃などを

物色する人で混み合っているそうだ。

 

そして人々は、自分の身は自分で守らなければと、銃を手にする。

この段階で、もはや思考停止状態だ。

 

一体、自分の身は自分で守らなければと、銃を手にする理由はあるのか?

銃は、私やあなたを破滅に導く道具ではないだろうか?

 

--------------------------------------------------------------------

 

アメリカ人はこのような乱射事件があると、

必ず「自分を守るために銃は必要だ」と言い、

銃に対する根本的な存在意義から思考をそらし、

思考停止に入る。

 

そしてまた、時期が来たら乱射事件が起こり、同じように

不安で不安定な思考停止状態になり、根本的な銃の存在に対して

見て見ぬふりをする。

 

もちろん、その不安の原因は銃の存在だ。

 

--------------------------------------------------------------------

 

白人はなぜそんなにも銃を必要としているのだろう。

その銃で誰が誰を、何から守るというのだろうか。


多くの犠牲を繰り返しているにもかかわらず、アメリカには

十分な銃規制の法律すらない。

 

--------------------------------------------------------------------

 

行き着く先は破滅だと知っていても、誰も銃を手放さない。


アメリカ社会におけるストレスや不安感が、

銃を手放すことを拒むのだろう。

アメリカは不安定で恐怖に包まれた世界だ。

 

今回の「米史上最多の犠牲者を出した銃乱射事件」も、

やがて忘れられ、アメリカの銃社会は続いていくだろう。

それは、今後も多くの犠牲者を出すという事だ。

 

 

アメリカ政府は真剣に、全米ライフル協会(NRA)と対決して

有効な銃規制法案を作り上げないと、自ら破滅するだろう。

 

--------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------

 

追記

 

トランプは同国最大の銃ロビー団体全米ライフル協会(NRA)」の年次総会で

「米国民の大統領として、人々が銃を所持する権利は絶対に侵害しない」と宣言

しているから、アメリカで銃規制などは無理だろう。

 

アメリカはなんと無知で残酷な国なのだろうか。

 

--------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです