沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。僕は発達障害・自閉症・アスペルガー症候群の味方だよ。

犬猫の繁殖業者(ブリーダー)は生命を弄ぶ死神だ

 

◯ブリーダーは死神

 

日本では繁殖から小売りまでの流通過程で約2万5千匹もの

犬猫が死んでいるそうだ。

 

なぜこれほどの数の犬猫が死ぬのか?

 

それは犬猫の繁殖業者(ブリーダー)が、利潤を上げるために

必要以上の繁殖を行うからだ。


売れるものだけ、大量生産するのだ。

まさに犬猫の繁殖業者(ブリーダー)は生命を弄ぶ死神なのだ。

 

----------------------------------------------------------------------

 

◯ペットショップでは犬・猫は命ではなく商品

 

 

もちろん心ある繁殖業者(ブリーダー)もいるだろう。

が、基本的には繁殖という行為は、生命を弄ぶ行為なのだ。

 

ペットショップは、その死神の手先である。


健康で見栄えのいい犬猫だけを選別し、販売する。

選に漏れた犬猫は処分されるのだ。

 

ペットショップはまさに、動物の命の選別なのだ。


いや、ペットショップは動物を人間と同じ生命体とさえ見ていない。

ペットショップにとって、動物は単なる商品なのだ。

 

----------------------------------------------------------------------

 

僕たちは、現状を知り、何をすべきか考え、実行しなければならない。

 

動物愛護法で保護されている生き物の売買には、

強い規制か制限をかけておかないと被害は増えるだけだろう。

 

ブリーダーとの直接取引以外は禁止にして、ペットショップによる

展示販売は禁止にしなければならない。

 

飼い主にも責任の一端はある。

だからブリーダーもペットショップも飼い主も、全て許可制にするべきだ。

 

犬猫の命を守るためには、強力な規制が必要だ。

 

----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです