沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

沖縄県民による沖縄県民のための告別式広告

 

◯ウチナンチュの最大の関心事は?

 

沖縄の新聞は、沖縄本島で「沖縄タイムス」と「琉球新報」の2社、

宮古エリアで「宮古毎日新聞」と「宮古タイムス」の2社、

八重山エリアで「八重山毎日新聞」と「八重山日報」の2社と

狭いエリアながら2社ずつ共存してます。

 

何で共存できるかというと、それぞれのエリアで2社分の新聞を

購入する家庭が多いのです。

 

それは、沖縄で何より重要なのは、超ローカル情報の収集なのです。

その超ローカル情報が収集できるのが、何と言っても地元紙です。

 

沖縄の新聞の特徴として、地元の情報しか書かれていません。

基本的に本土の事など、どうでもいいのです。

 

----------------------------------------------------------------------

 

そう、地元紙はウチナンチュウには欠かせない、大事な大事な

人間関係を営む上で欠かせない情報源なのです。

 

沖縄の新聞の特徴として、地元の事しか載っていない

というのがありますが、最も大事な情報は「告別式広告」です。

 

こんなに「告別式広告」を大々的に扱っている新聞は珍しい。

なんと一面丸々「告別式広告」!!

 

「告別式広告」をみれば、その故人の所属していた一族の構成、

家族構成、友人関係、仕事関係の大勢の名前がずらりと記載

されているので、故人の人生が一目でわかるという仕組みです。

 

----------------------------------------------------------------------

 

◯沖縄の告別式はお金がかかる。見栄の張り合い。

 

 

沖縄本島では、基本的に「告別式広告」は沖縄タイムス」と

琉球新報」の2社に掲載します。

これだけで何10万円から何100万円とかかります。

 

これがまた、掲載場所によって、故人の一族がどの程度の

地位なのかがわかるので、みんな高いお金を払って一番いい場所に

「告別式広告」を載せようとします。

 

そう、一番いい場所は一番右上の一番右が最上の場所です。

この場所は100万円。2社に載せれば200万円!!

 

実際、毎日その場所には大企業の社長とかお偉い人の

「告別式広告」がドガっと載ります。

もう50人ぐらいの名前・故人との関係が記載されています。

 

----------------------------------------------------------------------

 

全ウチナンチュウは、この「告別式広告」を見て、

知り合いがいないかとか、どこかで繋がっていないかとか、

お世話になったことがないかとかを調べ、

該当すれば告別式に参列します。

 

多いところでは500人以上集まるんですよ。

これ、まじすごい。

 

親戚の親戚の隣の家に住んでいるといったレベルでも、

告別式に参加するから、もう誰が誰だかわからない状態。

まさに来た人みんなともだち状態。

 

告別式がやがて小宴会になって、友達を作る場所になったりするんで、

やっぱり沖縄ってのんきなところだなと、つくづく思います。

  

----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです