沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

沖縄グアム化妄想論

 

これは僕の妄想です。

沖縄は将来的にどうなってしまうのか不安なので、

思わず妄想してしまうのです。

 

内容に関して、重箱の隅をつついて、反論しなくて結構です。

反論や疑問は、チラシの裏にでも書いてください。

 

---------------------------------------------------------------

 

沖縄県は、本土目線で見ると観光地、リゾート・アイランドですが、

住んでる目線で見ると、大国同士の狭間に置かれている、

微妙に少数民族な世界です。

 

 

米国は沖縄県内に世界一と言われる規模の基地を持っており、

不平等な日米安保協定を盾に傍若無人な態度です。

 

もう一方の大国、中国は、沖縄は古来より中国のものだ的

発言をしており、頻繁に領海侵犯してきます。

 


日本政府はと言うと、この両大国には、あいかわらずへタレな

態度しか取れず煮えきりません。

これはどの政権になっても同じです。

 

---------------------------------------------------------------

 

なぜなら米国の核の傘の下で、金儲けに励むエコノミック・アニマル

JAPANは、しっかりと米国に首根っこ押さえられているので、

何の手も打てず、全世界に向けて醜態をさらしています。


その醜態さは、マスゴミによって日本国内に報道されることはありません。

 

多くの日本人は英語が理解できないので、アメリカの情報を

即座にダイレクトに受信できませんが、僕は英語が理解できるので、

アメリカの情報を即座にダイレクトに受信できます。

 

受信した内容は、日本政府にとって不利な内容も多く、

その政府に不利な内容は、日本のメディアは扱いません。

日本のマスゴミは明らかに情報操作しています。

 

---------------------------------------------------------------

 

例えば先日、イヴァンカやトランプが来日した際、

日本のメディアは、大歓迎ムードでトランプ来日を報じていましたが、

海外では、反トランプ大規模デモと批判報道が巻き起こっているます。

その事を日本のメディアは隠し、伝えない。

 

この国は安倍政権になってから、露骨なほどの情報操作をしていますが、

国民は、何も気にしないほど平和ボケしています。

 

---------------------------------------------------------------

 

話を戻しますが、中国の軍事的圧力が増している今こそ、中国の軍事的脅威から

身を守るために、沖縄は日本から独立して、よく似た立ち位置の

グアムのように米国の領土とし、米国の自治的・未編入領域として

存在するのが、現実的選択だと妄想しています。

(当然、グアムの住人の様に、大統領選挙権等の権利はもてないのですが)


幸い、日本を米国の隷属にしたい米国政府の意向にもそうので、

ちょうどいいでしょう。

 

---------------------------------------------------------------

 

沖縄にとって中国の軍事的圧力は非常に驚異であり、不安材料です。

それは北朝鮮以上の脅威です。日本政府も無能です。


ユダヤ人的思想で政治・経済活動を行っている米国も、

決してよき隣人ではないのですが、(実際はユダヤ人が一番の脅威なのですが)

中国や日本よりはマシと言う、短期的視野で消極的な消去法を使えば、

子供でも結論を出せるでしょう。

 

また、日本から離れる事で、沖縄振興特別措置法で甘い汁を吸っている

県民の自立意識も、少しは高まるでしょう。


シットダウンマネーの毒に全身を犯されている

今の沖縄県民に期待するのは間違いかもしれませんが。

 

---------------------------------------------------------------

 

基本的に中国の肥大していく軍事的脅威に対抗できるのは、

現在の日本の自衛隊では無理で、米軍の持つ圧倒的な軍事力だけなのです。


きれい事ですむ問題ではなく、現実はより大きなPOWERを持っているほうが

優位なのです。

 

米軍の軍事力をうまく利用できる政治家がいればいいのですが、

ご存知の通り、一人もいません。

 

---------------------------------------------------------------

 

なるべく楽しい事を書きたとは思うのですが、現実は厳しく、

楽しい事ばかりではありません。

実際沖縄には、目の前に危機が有り、その身を脅威に晒されています。


僕、こんな希望の無い小島で死にたくはないので、

再度飛び出すための行き先を、現在模索中です。


僕は英語圏ならば、どこでも住めます。

それはあなたも同じ。英語など、英語圏で生活すれば

イヤでも身につきます。大事な事は、チャレンジするか否かです。

 

世界は広い。さよなら残酷で無気力な楽園、OKINAWA。

さよなら付加価値の無くなった寂しい国JAPAN。

 

---------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです