沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

お座敷犬

 

朝鮮ハゲネズミの舛添要一が都知事だった時に作った

オリンピックのボランティア用制服が、あまりにも

朝鮮風の色合いで、気持ち悪くダサすぎたので 、

小池都知事の指示で、新しく作り直した事は

皆さん知っていると思う。

 

個人的意見を言わせてもらうと、以前の糞デザインよりは

まともだと思うが、感じとしては微妙だ・・・。

こんな事ばかりに金をかける暇があるなら、

もっと大事な事に金をかけてほしいな。

 

----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------

 

先日、用事があって、親戚の家に行ってきた。

以前は猫がいたのだが、今回は小型犬というか、

いわゆる「お座敷犬」という、奇妙で、キッカイな

生き物が、家の中を我がもの顔で闊歩していた。

 

 

基本的に朝夕の散歩は不要らしいが、何となく不憫に感じて、

散歩に連れ出すと、5分も歩かぬうちに、犬がバテて、

道ばたに這いつくばり動かなくなる・・・なんだこいつ??

と思うのだが、そういう犬種らしい。

 

 

たぶん人為的な「掛け合わせ」の結果による遺伝子的欠陥

というものだろう。動物本来の摂理からすると、

自然界では、こんな奴はすぐに淘汰される。

肉食獣の餌食にされるのがオチだろう・・・。

 

-------------------------------------------------------------------

 

僕が言うのもなんだが、じつに奇妙で不自然な生き物だ。

何故こんな不憫な生き物を飼うのだろうか?

僕にはどうしても理解できない。

 

 

そして何故こんな不憫な生き物に人気があるのだろうか。

見た目の問題か?


こんな遺伝子的欠陥生命体を創り出すブリーダーに、未来はあるのか?

いつかブリーダーには、天罰が下るだろうと思う。

 

 

-------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです

 

広告を非表示にする