沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

長崎市に原子爆弾が投下された日

 

長崎市原子爆弾が投下された日

 

 

第二次世界大戦末期の1945年(昭和20年)8月9日午前11時02分に、

アメリカ軍が日本の長崎県長崎市原子爆弾を投下した日。

これは実戦で使われた二発目の核兵器だ。

 

この一発の兵器により当時の長崎市の人口24万人(推定)のうち

約14万9千人が死没、建物は約36%が全焼または全半壊した。

 

アメリカ軍は広島に続き、無慈悲な事をしたものだ。

戦争の狂気が凝縮された行為だ。

 

------------------------------------------------------------

 

沖縄には慰霊の日という休日があり、戦没者を慰霊している。

 

日本も原爆の悲劇を忘れないためにも、原爆の日を制定し

休日にして、みんなで犠牲者を追悼したらどうだろう。

 

海の日だとか山の日だとかチャラチャラした日を作るよりは

よほどいいのではないでしょうか。

 

------------------------------------------------------------

 

そして何よりも、いまだに苦しんでいる被爆者の方々を忘れてはいけない。

日本はもっと、原爆の恐ろしさ・狂気を世界にアピールするべきだ。

「No more」ではなく「Remember」なのだ。

世界にアメリカの非道さを伝え、2度とこの様な悲劇を繰り返させないために

行動しなければならない。

何の罪もない人たちが、殺される事があってはいけないはずだ。

 

------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです