沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

Charと僕らの夏休み・少年たちの見た夢と現実は・・・。

 

◯僕はギターキッズでした

 

僕は少年時代、ギターキッズでバンドを組んで

エレキギターばかり弾いていました。


もちろん勉強はしましたよ。数学とか物理とかは好きでしたから。

それにある意味、ギターを弾くとは数学的な行為でしたし。


学校でエレキギター弾くと不良扱いされる時代でした。

もちろん僕は違う意味で不良品でしたが・・・。

 


たまたまバンド仲間の父親がいわゆる興行主で、高校生時代の夏休みに

Charのローディーをさせてもらいました。

ローディーって言っても、使い走りみたいな感じでしたが。

 

Charは音楽には厳しい人だったけど、僕達子供には「ヘイ、ボーヤ」とか

声をかけてくれて優しかったです。

 

---------------------------------------------------------------------

 

◯Charはレベルの違う天才ギタリスト

 

 

リハーサル風景とかたっぷり観察できたのですが、Charは天才でした。

多分、日本人で一番色気のある音を出すギタリストでしょう。

 

Charが醸しだす音色と言ったら、もうすごいの一言。


テクニックがどうのこうのじゃない。

テクニックだけなら練習すれば追いつけるけど、

もう醸し出す香りが違うんです。

 

例えば同じ譜面で演奏しても、間のとり方がぜんぜん違うんですよ。

Charの演奏は僕には想像もつかない間のとり方で愕然としました。

音符のないところの音がぜんぜん違う!!

 

---------------------------------------------------------------------

 

当時一応プロを目指していた僕たちは、Charのあまりの天才ぶりに

度肝を抜かれるとともに、魂まで抜かれちゃいました。


プロとアマチュアの差を思い知らされましたね。


年齢も3,4才しか違わないので年齢的には大差はないのですが

「ああ、こんな天才が世の中にはいるのか!!敵わない」

 

そう、この体験がきっかけでプロを目指すのは止めました。

子供ながらそれだけ衝撃を受けたのですね。

いや~、自分の現実を見せつけられ、夢から醒めました。

 

---------------------------------------------------------------------

 

ある意味、早い時点で夢から醒めて良かったのかもしれません。

その夏休みが終わってからは、勉強にも力を入れましたよ。

嫌いだった学科も勉強しました。

 

当時の彼女が実によく出来た女性で、親切丁寧に勉強を手伝ってくれました。

おかげで効率よく受験勉強用の知識を吸収出来ました。

 

ちなみにその彼女は高校卒業と同時にアメリカに行き

奨学金を貰ってアメリカの大学に行きましたよ。

輝いていて眩しかった。

 

僕は、とにかくギターオンリーの生活からギター+勉強の生活へ方向転換。

まあ、ミュージシャンを諦めた悔しさゆえの方向転換です。

 

でもミュージシャンにはなれなかったけど、他の色々な経験は

積めたので、人生には大満足・大感謝しています。

 

人生は歳を取るほど面白くなってきますね。

 

---------------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです