沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

JASRACの強引な取り立てには大反対です!!

 

まずは、人材募集のお知らせ。(^^)

www.snow-start-a-business.xyz

 

 

さて、JASRACとは、日本音楽著作権協会の事をさす。


そして、多くの作詞家・作曲家はJASRAC著作権料の

管理を任せている。

 

JASRACは、以前から不愉快になるほど、あらゆる所から

著作権料を取り立てていたが、

そのJASRACが、今度は、ヤマハなどが運営する音楽教室約9千カ所から

徴収を始める方針を示したり、BGMを無断で流していたとして理容店を訴えるなど、

暴走しているが、残念ながら僕達にJASRACを批判する権利は無い。

 

------------------------------------------------------------------------


なぜならば、多くの作詞家・作曲家はJASRAC著作権料の管理を任せているからだ。

だから僕たちは、狂人のごとく、著作権料を取り立てるJASRACを批判できないのだ。

 

批判できるとすればJASRACと契約している作詞家・作曲家たちだが、

この多くの作詞家・作曲家達が、JASRACの強引とも言える徴収対象の拡大に

何も声を上げないところに問題があるのだ。

 

------------------------------------------------------------------------


宇多田ヒカルは、


「もし学校の授業で私の曲を使いたいっていう先生や生徒がいたら、

著作権料なんか気にしないで無料で使って欲しいな。」


と、自分の意見を述べ、JASRACを暗に批判しているが、

他のミュージシャンは何の声明も出していない。

 

という事は、多くのミュージシャンはJASRACの方針を支持しているのだ。

要するに、日本の音楽の発展より、自分の金目の事しか頭にないという事だ。

 

------------------------------------------------------------------------


だから僕たちは、JASRACを批判できないのだ。

批判すべき対象は、声を上げない作詞家・作曲家だろう。

 

一般人がいくら署名を集めても、JASRACの暴走は止められないだろう。

暴走を止められるのは、宇多田ヒカルのようなミュージシャン達の意見だ。


多くのミュージシャン達が、宇多田ヒカルのように発言していかなければ、

JASRACの暴走は止められないだろう。

 

------------------------------------------------------------------------

 

個人的には、いくら「法的にこうだ」「著作権意識が大事」と言っても、

実感と合わない。

だから独占企業のJASRACの行為には大反対だし、反感がある。

 

この様な事を続けていけば、音楽を楽しむユーザーの自由度が狭まくなり、

JASRACの行為は自分のクビを自分で絞めているようにしか感じない。

 

どちらにしろ、日本の音楽文化はJASRACの繁栄とは正反対に

衰退していくだろう。

 

------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです