沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

LGBTに一言。

 

生活を共にする同性カップルを、夫婦と同じような関係の

「パートナー」と認める制度が、全国に先駆けて東京都渋谷区と

世田谷区で始まった。

 

法律上の効果はないが、同性愛や性同一性障害などの性的少数者への

偏見や差別をなくす意識改革につながってほしいと当事者らは

期待しているそうですね。

 

-------------------------------------------------------------------

 

この件に関しての個人的な感想は、当事者の方の笑顔を見ると

これはこれでありなのかなと思います。

お幸せにお過ごしください。

 

ただ、基本的にどんな形であっても、少数派は所詮少数派である事は

忘れないほうがいいと思います。

そこを勘違いすると痛いことになるとおもいますね。

 

-------------------------------------------------------------------

 

さて、その点を勘違いした痛い話・・・。

 


「心は女性である性同一性障害の職員は、戸籍上の性別が男性である限り、

女性トイレを使ってはならない。」経済産業省がこんな原則を示した。

 

使いたければ異動ごとに職場で同障害を公表するよう求めていた。

 

しかし、ある性同一性障害の職員は、女性トイレを使えないのは

「人格権の侵害で、同障害を理由にした差別だ」として、

東京地裁行政訴訟と国家賠償訴訟を起こしたそうです。

 

ここで東京地裁行政訴訟と国家賠償訴訟を起こす事自体が

すでにカン違いで、思い上がりがあり、痛いのですよ。


-------------------------------------------------------------------

 

この職員が情報公開請求して開示された資料によると、

女性トイレの使用を認めない理由について、経産省


労働安全衛生法の省令で男女別のトイレ設置が定められている


②女性職員の了解が不可欠だが、2人から「抵抗感がある」との

声があがったなどと説明があったそうな。

 

要するに下半身に睾丸のついた男と同一のトイレに入るのには

抵抗感がある女性がいるという事だ。

 

-------------------------------------------------------------------

 

性同一性障害の職員は、自分の権利ばかりを主張する前に、

周りに迷惑がかかっていないか考える配慮は必要だろう。

 

性同一性障害だからといって、なんでも許されるわけではない。

逆の立場になって、よく考えなさい。

 

キミとはトイレを共有したくない女性がいるという事実を受け入れなさい。

障害者トイレの利用では、不十分なのかい?

 

なぜいきなり行政訴訟と国家賠償訴訟を起こすのかが

まったく理解できないですね。

 

そのような強引な行為が、確実に理解者を減らしていくと思う。

 

-------------------------------------------------------------------

 

ちなみにこの職員は心は女性であるそうだが、体は立派な睾丸付きの男性。


日本で性別変更するには卵巣や子宮、睾丸を摘出するといった

性別適合手術が必要だが、この職員は受けていない。


要するに「心は女性」という自己主張だけ。「体は男性」。

 

キミに一言贈ろう。

 

足るを知る

 

-------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------

 

まあ、要するにさ、性的少数派が、いきなり大声出して多数派に対して

「少数派を認めろ」と叫ぶとさ、日本では逆効果になってしまうよね。

 

性的少数派はさ、ここは一歩退いて、じっくりと腰を据えて

ゆっくりと一歩ずつ理解してもらうように努力するしかない。

 

一気に性的少数派の事を、興味のない多数派に認めさせようとすると、

逆に排除されてしまうことにもなりかねないよ。


ゆっくりと一歩ずつ進みましょう。

 

多様性などという不安定な言葉を当てにせず、ゆっくりと進みましょう。

 

-------------------------------------------------------------------

 

それとさ、LGBTの方たち、もっと自分たちの情報を公開してよ。

手持ちのカード、全部見せてよ。

 

例えばさ、いきなりLGBTの人が目の前に現れて、LGBTですって

言われても、僕は戸惑うばかりで何もできない。

 

君たちを理解するためにも、君たちから情報を発信してください。

お互い、ゆっくり歩み寄っていきましょう。

よろしくお願いします。

 

-------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ