沖縄で島猫と遊ぶ日々・(ΦωΦ)フフフ版

いろいろな事に興味があるから、いろいろな事を書くよ。そして島猫と一緒に、沖縄で人生を語るよ。

ホリエモンの「多動力」に洗脳されてしまうあなたへのメッセージ

 

 ホリエモンの「多動力」なんていう

与太話に洗脳されている皆さんこんにちは。

 


ホリエモンの与太話など何時間読んでも無駄ですよ。


ホリエモンはキャッチコピーを作るのはうまいけど、人間としての誠実さがない。

 

僕は個人的に、ホリエモンは信用できないタイプの人間なんです。


それにいくら読んでも、あなたは1年後には読んだ事さえ忘れているでしょう。

 


参考にするならば、「社員が日本一幸せ」ともいわれる会社「未来工業」の
山田昭男社長の山田昭男の仕事も人生も面白くなる働き方バイブル」のほうが
だんぜん面白い。


残念ながら山田昭男社長は亡くなられていますが、人間として、
こんなに面白い人は少ないでしょう。

 


インターネットみらい塾3-1

 

この話、3-8まであるのですが、うまくYOUTUBE貼れなかったので、

残りは自分で検索してね。ごめんね、手際が悪くて。

 



さて、ここからはブラックなテイストを混ぜて

熊に襲われる老人の話を書いてみました。

ブラックユーモアがわからない人はスルーしてね。

------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------

 

◯そして老人はタケノコをめざす


老人がタケノコ狩りのため山に入り、熊に食われる事案が多発している。

熊に襲われ、すでに4人が犠牲になっているそうだ。


それでもタケノコ狩り目的の入山者が後を絶たないらしい。

 

「リュックサックいっぱいに60キロくらい採れば7万~8万円。

1日でこんなに稼げる仕事はこの辺にはない」と老人は言う。


ああ、何だ。金のためか。

 

いや、違う。自らを信じ、命がけで熊からタケノコを奪い取る姿からは、
求道者としての気合が感じられる。

 

----------------------------------------------------------------------

 

80歳の老人は「熊には出くわしたことがない。もしも見たら、
怖いけどぶつかっていく」と笑ったそうだ。
そして「入山禁止」の看板がある私有林に入っていった。

 

笑い事か?いや老人達にとって熊と出会う事は、人生なのだ。

熊に食われるために、人生があったのだ。

 

身の危険を感じながらもタケノコを求めるとは、老人達は立派だ。

自らを熊の食料となり、生態系を維持する思考には頭がさがる。

 

さすがは現代の老人だ。半分痴呆なのだろう。


もはや生死は問題ではないのだ。
そして老人は熊の食料になることを目指し、今日も山に入るのだ。


アーメン。(´∀`)ソーメン。

 

----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------

沖縄関連の人気ブログはこちらです